MENU

ライオンズゲートとは?8月8日 の過ごし方とスピリチュアルな意味

ライオンズゲートは8月8日の前後に開く霊的な扉。

スピリチュアルな意味での地球が太陽から受け取るエネルギーがピークになる日です。

もちろん2021年もやってきます。

ライオンズゲートの意味や期間。その由来。

ライオンズゲートの期間の過ごし方について紹介します。

 

目次

ライオンズゲートとは

日本ではライオンズゲートと呼ばれていますが、英語圏では「Lion’s Gate Portal」と呼びます。

GateやPortalにはどちらも門の意味があります。日本人には微妙なニュアンスがわかりづらいので日本ではPotalは省略されているようです。

Gateには建築物としての門、壮大な建物としての門、つまり物理的な意味が中心。

Potalには入り口・発端などの意味があります。機能的な意味が中心。

「Lion’s Gate Portal」は「ライオン門の入り口」のような意味でしょうか。

またライオンズゲートウェイ(Lion’s Gateway)という言い方もあります。こちらはLion’s Gate Portalよりも新しい言い方です。Gatewayは入り口。ライオンの入り口という意味です。

でもこの記事ではわかりやすく、ライオンズゲートと書きます。

ライオンズゲートが開くとどうなる?

ライオンズゲートとは目に見えないスピリチュアルなエネルギーの入口です。

その入口が開くとスピリチュアルなパワーが我々に降り注ぐといわれます。

ライオンズゲートが開く時期

ライオンズゲートは7月26日から8月12日の間に開くといわれます。

7月26日から徐々に開き始め、8月8日に全開。その後、ゆっくり閉じ始め8月12日に閉じる。

とされます。「されます」とあいまいなのは。8月8日から8月12日という人もいれば。満月の日までという人もいるし。獅子座の期間という人もいるから。実は決まった法則はありません。

でも今のスピリチュアル界では7月26日から始まって8月8日がピーク。8月12日まで。と主張する人が多いですね。

なぜエネルギーのの入り口がライオンの門なの?

エネルギーの入り口がなぜ「ライオンズゲート」なのでしょうか?

それは

占星術で太陽が黄道十二宮の獅子宮(Leo)にとどまる時期に起こるから。

つまり、

獅子座の時期(7/23~8/22、年によっては7/24~8/23)にエネルギーの入り口が開くとされるからです。

占星術では獅子宮が意味するのは「王権、リーダーシップ、富」。

王権といっても私達には関係ありませんけれど。組織、社会でのトップの地位など。リーダーとか人々の中心、自分の専門分野で一番とか考えればいいでしょう。

それなら「レオゲート、レオポータルでもいいんじゃないの?」と思いますよね。実はこれが結構重要な問題です。

この答えはあとでお話します。

ライオンズゲートは毎年開く

太陽が獅子宮を通過するのは2021年だけではありません。

毎年起こります。

つまりライオンズゲートは毎年開いているのです。

今年は逃しても来年があります。

だから「今年は間に合わなかった」と思っても来年に期待できるのです。

どうして8月8日がエネルギーのピークなの?

太陽が獅子宮を移動するときにエネルギーの入り口が開くから「ライオン」はよいとして。

どうして8月8日が最もエネルギーが強いといわれるのでしょうか?

それは数秘術と関係があります。

8:8

と8が2つ並ぶ日だから。

88には経済的な豊かさ、活動的な力、意識がより高い次元に向かうなどの意味があります。

もともとは2008年8月8日が最強だった?

アメリカでは2008年よりも前には

8:8:8

と、8が3つ並ぶ「2008年8月8日が最もよい」といわれていました。でも当時はライオンズゲートがあまり知られていませんでした。

アメリカのニューエイジ界(スピリチュアル界)では何年かごとに節目の数字が話題になります。2008年8月8日もそのひとつ。

でも2012年ほど注目は集めませんでした。

ライオンズゲートがスピリチュアル界で注目されるようになったのは、ここ5、6年です。

それに2008年はもう過ぎています。

でも太陽は毎年、獅子宮を通過しています。

そこで西暦に関係なく8が2つならぶ8月8日がエネルギーが強いといわれているのです。

どうして7月26日からなの?

太陽が獅子宮に留まる間なら7月23日からにすればいいのに。なぜ7月26日からになっているのでしょうか?

ライオンズゲートの書かれた記事を見ると

「7月26日がマヤ暦の元旦だから」という説明があります。

でもマヤ暦の元旦は7月26日ではありません

本物のマヤ暦は我々が使っているグレゴリオ暦とは違い。1年365日ではありません。毎年7月26日に元旦が巡ってくるなんてことはありません。

どうやらオカルト界の第一人者ホゼ・アグエイアス氏が考案した ドリームスペル暦(Dreamspell)または13の月の暦 の元旦が7月26日なのでそう呼ばれているようです。

ドリームスペル暦はマヤの叡智をもとにアグエイアス氏の独自の研究がもりこまれたとされる暦です。13の月の歴(13 moon calendar)ともいいます。スピリチュアル界ではこれをマヤ暦と信じている人も多いようです。銀河のマヤ暦という人もいます。でもドリームスペル歴と本当のマヤ暦は違います。

とはいえ。名前の違いはおいといて。

現代では多くの人がライオンズゲートの出発点をドリームスペル暦の元旦にしているのは間違いありません。

そこから18日目が8月12日。

ピークになるのにちょうど2週間かかって、そこからわずか4日で終わり。

でもライオンズゲートとマヤ暦(ドリームスペル暦)はもともとは関係ありません。関係のないものを組み合わせたのでおかしくなってしまったようです。

2008年以前のライオンズゲートの説明では太陽が獅子宮にいる間とされていました。

ですからライオンズゲートの期間は 7月23日〜8月22日 でも間違いではありません。

ライオンズゲートの元ネタ?

獅子宮が関係しているならレオでもいいのに、なぜわざわざライオンズゲートと呼ぶのでしょうか?

その理由はイスラエルのエルサレム旧市街地にあるライオン門(Lion’s Gate:שער האריות‎)にあります。

イエス・キリストがゴルゴダの丘で磔刑になったとき。このライオン門から処刑場まで歩いていきました。

そこでアメリカのスピリチュアル界では死と再生、変化のシンボルと考えられています。

くわしくはこちらをご覧ください。

・昇天(アセンション)の聖地ライオン門

 

ライオンズゲートの説明には占星術とかマヤ歴とかシリウスとかスピリチュアルなキーワードが出てきます。

でも実際にはかなりキリスト教色が強いものなんですよ。

とはいえ。もともとはエルサレルムのライオン門と太陽の獅子宮通過は関係ありません。

ライオンが共通しているだけです。

なぜ占星術と結びついたのでしょうか?

ライオン門と占星術との合体

私の知る限りライオン門と占星術を合体させたのはディーン・ルディア(Dane Rudhyar、1895~1985年)です。20世紀を代表する占星術師の一人です。サビアンシンボルを広めた人ですね。

ルディアは著書の中で「アバターが降臨する4つの門(the Four Gates of Avataric descent)」を紹介。

その4つの門とは
エンジェルズゲート(Angel’s Gate)
ブルズゲート(Bull’s Gate)
ライオンズゲート(Lion’s Gate)
イーグルズゲート(Eagle’s Gate)です。

アバター降臨の4つの門

4つの門は水瓶座・牡牛座・獅子座・蠍座の15度の角度にあります。占星術では4つの星座を「不動宮」といいます。

不動宮の4星座の15度は、東洋の暦では立春・立夏・立秋・立冬になります。自然界のエネルギーの流れが変わる時期です。

それに気がついたディーン・ルディアは、4つ門のエネルギーの性格を表現するため、アバターを使いましt。

「アバター」とは宇宙エネルギー開放の意味。天使・牡牛・ライオン・鷲のシンボルはそれぞれが持つエネルギーの性質を象徴するシンボルです。

4つのシンボルは聖書にある「翼をもった4つの生き物(人・獅子・牛・鷲)」からの連想。翼をもった人とは天使です。

ロマネスク建築の聖堂

要するに、ホロスコープで各星座の15度の日になるとそれぞれのシンボルの性質にあわせたエネルギーが開放される。

ルディアはホロスコープ上で固定宮の15度の点を結ぶと四角形を形作ることに気が付き、獅子座が入っているの見てキリスト教で重要視される「ライオン門」を連想。

さらに福音書の4つのシンボル(人・獅子・牛・鷲)を星座に当てはめた。すると牛は牡牛座。獅子は獅子座にピッタリあてはる。でも天使を水瓶座、鷲を蠍座に当てはめるのは苦しい・・・でもここまで一致するならゴリ押しで決めてしまえ。

とルディアが思ったかどうかはともかく。ルディアにしてみればなにか頭にビビッとくるものがあったんでしょうね。

アバター降臨の4つの門については説明すると長くなりますので。

 

結局のところライオンズゲートの意味は何?

最近ではライオンズゲートウェイ(Lion’s Gateway)という言い方もあります。こちらのほうがキリスト教色を弱めた表現方法になってますね。

扉が開いてエネルギーが出るというのはかなり比喩的な表現方法です。本来は違うと思います。

ライオンズゲートは占星術と数秘術の組み合わせでできています。それぞれに意味がありますから何かの暗示と考えて行動するのはひとつの方法です。

獅子宮のもつ「力、富」。

8のもつ意味も「経済的な豊かさ、活動的な力」

似たような意味のシンボルが重なって意味合いが強調されています。

それプラス、古いものから新しいものへの交代。新しい変化が起こる。

と考えればいいと思います。

 

ライオンズゲートの過ごし方

ライオンズゲートの時期に活動的になったり積極的になる暗示ですから、新しいことにチャレンジしたり、今までしてなかったことに挑戦するのはいいかもしれません。

でも力があり余ってよけいなトラブルがおきたり、人を傷つけたりすることがないよう気をつけましょう。

あえて力を蓄えて日頃の疲れや傷を癒やすのもいいかもしれません。

日頃の努力が報われて収入があるかもしれません。

しかし行動しなければ何も生まれません。

何か大きな変化があるかもしれませんから。やりすぎには注意です。

いつも以上の慎重さも大切です。

2021年はいつもの年とちがって新月と一粒万倍日が重なります。2021年の特徴と過ごし方はこちらで紹介しています。

あわせて読みたい
ライオンズゲート(2021/8/8)は一粒万倍日と新月が一緒でスピリチュアルなパワーがアップ ライオンズゲートは8月8日の前後に宇宙から降り注ぐスピリチュアルなエネルギーが強くなる日。 宇宙のエネルギーとは具体的には地球が太陽から受け取るスピリチュアル...

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる