MENU

アゲハ蝶のスピリチュアルな意味・色と状況で違うメッセージ

アゲハ蝶

鮮やかな羽を優雅に羽ばたかせ、ひらひらと空を翔ぶ蝶は見てるだけでも楽しいものです。

世界中にはたくさんの昆虫がいますが、蝶ほど人々のイマジネーションを掻き立てる虫はなかなかいません。

そのため、蝶は世界各地でスピリチュアルな意味をもつ生き物と考えられています。

蝶の中でもとくに優雅な姿をもつアゲハ蝶は他の蝶とは違った意味があります。

アゲハ蝶のスピリチュアルな意味を紹介しましょう。

 

目次

アゲハ蝶は復活と再生

アゲハ蝶を含めた蝶々は卵→幼虫→蛹→成虫と変身する生き物です。

とくにそれまでモゾモゾと動き回っていたイモ虫があるときを境に蛹になって固まったように動かなくなります。蛹を見た古代の人々は死んでしまったのではないか?と考えたことでしょう。しかし死んだように動かない蛹からきれいな羽を身に付けた蝶が出てきたときは驚いたでしょう。

これほど劇的な変化は他の動物ではありません。

蝶は復活・死と再生・変化の象徴なのです。

メッセージを運ぶ生き物

また、ひらひらと飛ぶ蝶は魂を運ぶ生き物と考えられました。肉体から離れた魂は空を飛んであの世に行くからです。

蝶は復活、死と再生。そして魂を運ぶ生き物なのです。

アゲハ蝶は「上がる」兆し

アゲハの意味は「上げ羽」

アゲハ蝶は蝶の中でも特に立派な姿をしています。漢字では揚羽蝶とか鳳蝶と書きます。

「鳳蝶」は鳳凰のように綺麗で立派な蝶という意味です。「揚羽」の「揚」には「上がる」という意味があります。古くは「上げ羽」とも書きました。「揚羽」や「上げ羽」には「羽を立てて閉じている」という意味があります。止まるときに羽を上げて閉じている蝶は「アゲハ蝶」と呼ばれていたのです。でもいつしか蝶の中でも大きくて優雅な鳳蝶だけがアゲハとよばれるようになりました。

揚羽は運気上昇の意味

「上げ羽」と書かれていたアゲハがどうして「揚羽」になったのでしょうか?

「揚」という字には上がるの他にも高く上がる勢いがある気分が高揚するという意味があります。

蝶は変化の象徴です。揚羽は良い方向に変化する、ものごとが上向きになるという意味があるのです。

アゲハ蝶は「上がる」「上昇」のシンボルなのです。

アゲハ蝶を見かけたら、これから運気が良くなる、状況がよくなる兆しなのかもしれません。

アゲハ蝶の幼虫は富と若返りの神

「日本書紀」によれば蝶々は古代から信仰の対象になっていました。成虫だけでなく蝶々の幼虫を祀る信仰がありました。

常世虫と呼ばれ、常世虫を崇拝すれば富を得たり、死者が生き返ったりすると言われました。常世虫とはサンショウの木にいる緑色した大型の蝶類の幼虫のことです。つまりアゲハ蝶の幼虫のことです。

アゲハ蝶の幼虫には財運と健康長寿のご利益があると考えられたのです。

というのもアゲハ蝶の幼虫は柑橘類系の葉っぱを好みます。古来、日本では「橘」は常世の国=不老不死の国に生えている縁起のいい植物とされました。縁起のいい植物を食べて成長して、脱皮を繰り返して成長するアゲハ蝶の幼虫は不老不死や成長、幸運の象徴と考えられたのです。

ふだん気にもしないのになぜかアゲハ蝶の幼虫を見かけたら財運や健康運が上向いている兆しなのかもしれません。

色でわかる蝶のメッセージ

アゲハ蝶の色の違いからサインを読み取ってみましょう。

アゲハ蝶は黒いスジのような模様と黄色やオレンジなどの色が組み合わさった複雑な模様をしています。アゲハ蝶は種類や育った環境によって微妙に色や模様が違います。

あなたが見たアゲハ蝶の模様によって微妙に意味が違います。

黒い部分が目立つ場合

アゲハ蝶だった場合。黒は強い変化を意味する色です。あなたの心の中、あるいはあなたを取り巻く周囲の状況のどこかでなにかが変わろうとしています。その変化を肯定的に受け止めたほうがいい。というメッセージになります。

また黒は日本では魂・神様とのつながりが強い色です。ご先祖様との繋がりも深い蝶です。神様やご先祖様がなにかメッセージを伝えようとしているのかもしれません。

黄色が目立つ場合

キアゲハなど。黄色が印象的なアゲハ蝶がいます。

黄色は喜びや幸せの色。いまあなたの身の回りでよい変化が起ころうとしているという意味です。キアゲハはアゲハ蝶の中でも黄色が目立つ蝶です。キアゲハを見て、あなたの心に黄色が強く残っていればポジティブな変化が起こるサインかも知れません。

オレンジや朱色が目立つ場合

アゲハ蝶の羽には斑点があります。赤いようなオレンジのような色の模様が付いている蝶がいます。朱色やオレンジ色が目立つアゲハ蝶の場合は、励ましや情熱の象徴。いまあなたの身の回りで起きている変化をポジティブに捕らえましょうというサインです。

あなたが見たアゲハ蝶の模様でどの色があなたの印象に残っているか

でメッセージが変わります。主役はあなたですから。へんに難しく考えないで、あなたの感じたままの色を受け止めてください。それがスピリチュアルなメッセージなのです。

青い色が目立つ場合

アオスジアゲハなど青色が非常に印象的なアゲハ蝶がいます。青いアゲハ蝶も特別なメッセージがあります。

青は、冷静さ、客観性を意味する色。仕事運がアップするきざしかもしれません。感情的にならず冷静に判断して人間関係を良くしたり、うまく好機を捕らえたり、状況を分析して、きちんと計画をたてたり。そんなことに気をつけようというメッセージかも知れません。

場所・シチュエーションの違い

家で見た

もし家の中にアゲハ蝶が入ってきた場合。ラッキーなことが起こる前触れかもしれません。良縁や様々な人間関係、仕事など。何か大きな変化が起こるのかもしれません。

でも捕まえたり殺したりしてはいけません。せっかくの運が逃げてしまいます。できるだけやさしく家の外に逃がしてください。メッセージを伝えるお役目を終えたアゲハ蝶を自由にしてあげましょう。生き物を大事にする行為あは、あなたが知らず知らずのうちにもっている厄を落とすことにもなるのです。

神社で見た

神社で蝶々を見かけるのは神様が歓迎してくれている印です。一般に蝶々はスピリチュアルなものと相性がよく。様々なスピリチュアルなメッセージを運ぶ生き物とされます。神社は神様の鎮まる場所ですから、神社で見かけたアゲハ蝶がとくに印象に残っている場合は、神様が歓迎してくれていると思ってください。

墓地で見た

アゲハ蝶は魂との結びつきの強い虫、墓地でみかけたアゲハ蝶はご先祖様や亡くなった人のメッセージを伝えようとしているのかもしれません。あながた不安に思っていることがあるけど大丈夫、と励ましてくれているのかもしれません。

近寄ってくる・まとわりついている

アゲハ蝶があなたに近づいてくることがあります。そしていつまでも離れずにあなたの近くを跳んでいることもあります。あなたに幸運が訪れる。チャンスが訪れるまえぶれかもしれません。アゲハ蝶は蝶々の中でもとくに神様とのつながりが強いとされる生き物です。今までの努力が報わる印なのかもしれません。

2匹で飛んでいる

2匹のアゲハ蝶がじゃれ合うように飛んでいるときがあります。飛んでいる場所に関係なく、あなたの人間関係が良くなる。新たな出会いがあるというきざしかもしれません。出会いとは恋愛もそうですが、仕事や日常の人間関係全般です。

アゲハ蝶は縁起のいい生き物

蝶全般には復活・死と再生・変化の意味があります。

さらにアゲハ蝶には上向きに好転する、繁栄する、財が増え、若返るという意味もあります。

スピリチュアルな世界では蝶を見ること、蝶が近くに来ることは良いサインです。中でもアゲハ蝶はものごとが好転するサインにもなるのです。

アゲハ蝶が運んでくるメッセージを受け止めてポジティブに生きたいですね。

 

クロアゲハにさらに詳しくこちらでも紹介しています。

あわせて読みたい
黒アゲハ蝶のスピリチュアルな意味 クロアゲハはアゲハチョウ科の中でも黒い羽を持つ大型の蝶々です。 黒アゲハ蝶を見てどのような印象を受けましたか? 不吉?ラッキー? 一口にクロアゲハと言っても日本...

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 揚羽蝶の意味を初めて知りました。
    意味が深くてとても勉強になりました。
    ありがとうございます。

    • 胡桃啓希さん。読んでくださってありがとうございます。
      お役に立てて嬉しいです。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次