スポンサーリンク

蜘蛛のスピリチュアルな意味

蜘蛛の巣 スピリチュアルな意味

蜘蛛(クモ)にはどのようなスピリチュアルな意味があるのか紹介します。また根拠になった伝説や逸話も紹介します。

ほとんどの蜘蛛は人間に危害を加えることはありません。蝿や蚊などの害虫を食べてくれるので、人間にとっては良い虫でした。

ところが、ずんぐりした胴体に八本の足。たくさんの目玉にキバ。そして毒々しい色。という外見のせいで人間に誤解されたり、嫌われることもあります。

古来より善と悪の両方のイメージで語られてきた生き物でした。

特に西洋では負のイメージで見られることが多く、それ以外の地域でも人間が文明を発達させれば発達させるほど、嫌われ者になっていきました。

でも古代より蜘蛛(クモ)は馴染み深い生き物でした。人間にはない特別な能力があると考えられ、様々な伝説や物語に登場します。

そうした伝説や古代人の信仰がもとになって、蜘蛛にはさまざまなスピリチュアルな意味が生まれました。

見た目の不自然さに惑わされて蜘蛛の意味を見逃すとあなたの人生にとって損かもしれませんよ。

蜘蛛は幸運の生き物

日本では「朝、蜘蛛を見かけると縁起がいい」といわれます。

反対に夜蜘蛛をみかけると縁起が悪いと言われます。

蜘蛛には正と負の両方のイメージがあるのです。

でも地域によって違いがあり、夜の蜘蛛も縁起がいい。という地域もあります。

ヨーロッパでは伝統的に悪いイメージのことが多いのですが。良い意味の地域もあります。

クモは財運と繁栄の象徴

イギリスでは蜘蛛は「繁栄をもたらす生き物」とされます。

天井から蜘蛛が降りてきたら財産が増えるといわれます。

衣類に蜘蛛が入っているとお金が増える。といわれます。

蜘蛛は殺してはいけません。間違って家に入ってきた蜘蛛は外に逃がしてあげましょう。

蜘蛛に限らず、生き物を逃してあげるのは魂の得を高める良い行いのひとつでもあるからです。

仏教的にいえば、善い行いをすれば必ず現世または来世で幸福がおとずれるとされます。どのような小さなことでも巡り巡って予想もつかない形であなたのもとに帰ってくることがあります。

スピリチュアルな言い方をすれば、魂が高次元に上がるための修行のひとつです。

なお。家の中で蝿や蚊を食べている小さなハエトリグモは無理に外に出さなくてもいいです。家の中を住処にしているからです。ハエトリグモは貴方の知らないところで蝿や蚊を食べているので、家の中にいることはお互いにメリットがあるのです。

でも網を張る種類の蜘蛛は家の外に出してあげたほうがいいですね。外のほうが網にかかる獲物が多いでしょうから。

神の意志を伝える使者

蜘蛛は糸できれいな網をつくります。そのため世界各地で機織りと結びつけて考えられました。

古代中国では機織りや裁縫の技術が上手になるための儀式で蜘蛛が大切な役割をはたします。

中国の南北朝時代に書かれた「荊楚歳時記」には七夕の風習が載っています。

7月7日の夜。女性たちは機織りが上手になるように祈願していました。

7つの穴がある針に色とりどりの糸を通して飾り。酒や瓜、果物をお供えしました。このときお供え物の乾燥した瓜の中に小さな蜘蛛を入れました。蜘蛛が網をはると願いが叶う。とされました。

後に民間にも伝わります。

「東京夢華録」という本には北宋時代の風習が書かれています。(ここでいう東京とは北宋の首都・開封のことです)

女性たちは月に向かって針の糸を通し。箱の中に蜘蛛を入れました。次の日「蜘蛛が丸い網をはっていれば裁縫が上手になる」とされました。

当時の女性は機織りや裁縫が上手だと良いお嫁さんになれると言われていました。また牽牛と織女の伝説にあやかって良い人と結ばれたいという願いを込めていました。

七夕の夜に願いをすると、技術が身につくだけでなく良縁の効果もあると信じられたのです。

このとき願いが叶うかどうかを占うために蜘蛛が使われました。

蜘蛛は神様のメッセージを伝える役目をしているのですね。

蜘蛛が貴方の目の前で網をはるのは、願いが叶うというサインかもしれません。

蜘蛛は努力と忍耐・希望のメッセージ

スコットランドを救ったクモ

イギリスでは蜘蛛に良いイメージをもつことが多いようです。

蜘蛛は「努力と忍耐、そして希望の象徴」とされます。

蜘蛛が精密で美しい巣を時間をかけて作ること。
獲物が来るまでじっと待っているからです。

イギリスには蜘蛛に運命を託して国王になったロバート・ブルースの伝説があります。

スコットランドとイングランドが戦争をしていた時。スコットランドのロバート・ブルースはイングランドとの戦いに破れ島に隠れました。抵抗を続けるか止めるか悩んでいた時、蜘蛛が巣を作ろうとしているのを見かけます。蜘蛛は何度も失敗しましたがロバートの目の前で巣を作りました。ロバートはその蜘蛛が巣を作るのを見て。再び戦うことを決意します。そしてロバートはイングランドとの戦いに勝ってスコットランド国王になりました。

この伝説では蜘蛛は努力と忍耐の象徴。希望の生き物として登場します。

ロバートは蜘蛛を通して粘り強さ・忍耐づよさ。そして、その先に希望が待っているのを知りました。

努力が報われるサイン

蜘蛛が巣をはっているのを見たら努力が報われるサインかもしれません。あなたが人生の中で何かを続けるか止めるか悩んでいる時。蜘蛛の巣をみかけたら観察してみると運が引き寄せられるかもしれませんね。

イギリスだけではありません。

もっと古い時代にも蜘蛛が幸運の虫。という伝説があります。

ダビデやムハンマドを助けたクモ

ユダヤの伝承では、古代イスラエルの戦士ダビデが命を狙われて洞窟に隠れていたとき。蜘蛛に命を救われました。その後、ダビデはイスラエル国王になりました。似たような話はムハンマドが異民族に追われていた時洞窟に隠れて蜘蛛に命を救われたという逸話があります。

ダビデの話は聖書にも載っていますが蜘蛛は出てきません。

一説にはダビデの話がロバートと蜘蛛の伝説の元になっているとも言われます。

スコットランドは西欧でもカトリックの影響が比較的少ない地域。ケルトの習慣やアニミズム(精霊信仰)的な考えが残ってる地域です。聖書では消された蜘蛛の巣の話でも取り入れたのかもしれません。

蜘蛛を大切にしていると、あなたに迫った危険から守ってくれる幸運の生き物かもしれませんね。

タランチュラの嘘

スピリチュアルな話とは違いますが、あなたがもってる蜘蛛への誤解を解いておきましょう。

事実とは違う思い込みや誤解が噂話になって人々に間違ったイメージを植え付けているからです。スピリチュアルな世界はインスピレーションが大切です。人間のもつ負の感情が間違ったメッセージを受け取る原因になるからです。

間違った蜘蛛のイメージとは、タランチュラの伝説です。

イタリアにはタランチュラという毒蜘蛛がいると信じられていました。タランチュラに噛まれると踊り続けなければ死ぬという言い伝えがあったのです。

タランチュラは伝説上の蜘蛛です。でもヨーロッパにいる毛深くて目立つコモリグモが伝説のタランチュラだと誤解されました。タランチュラコモリグモの毒は昆虫を殺すための毒なので人間にはほとんど効きません。

その後アメリカ大陸に渡ったヨーロッパ人は大型で怖そうな蜘蛛を発見するとタランチュラと名付けました。

現在、タランチュラと呼ばれている蜘蛛の多くはオオツチグモの仲間です。オオツチグモの腹部の毛に毒があり刺さると皮膚の炎症やかゆみ・痛みがおこります。でもオオツチグモの毒で人が死ぬことはありません。

タランチュラには人を殺す毒がある。というのはウソなのです。実際には人を殺すほどの毒はありません。見た目がちょっと怖い。というだけなのです。

ドラマや映画に出てくる巨大蜘蛛のモデルはたいがいはコモリグモかオオツチグモの仲間です。

映画「タランチュラ」をはじめ、「ハリーポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」にも蜘蛛の化物は出てきます。でもそういった怖い蜘蛛のイメージは間違ったタランチュラのイメージが元になっている部分もあるのです。

ここで紹介した蜘蛛の伝説について。もっと詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。
蜘蛛の伝説・伝承

スピリチュアルな意味
スポンサーリンク
この記事を書いている人

たかふみ
開運研究家。京都市在住。歴史・伝説・神話や神社仏閣を研究しその魅力や開運方法を紹介しています。
お問い合わせはこちらへ。



おかげさまで月間10万PV達成!

たかふみをフォローする
開運日和

コメント

タイトルとURLをコピーしました