MENU

ライオンズゲートと神社の参拝の仕方とは

ライオンズゲートはなんとなく神社とは関係なさそうに思えますよね。

でも関係あるんです。

というより。ライオンズゲートは自然界のエネルギーの動きを表現したものなので宗教や文化には影響されません。

ライオンズゲートはもともと立秋でした。立秋は二十四節気のひとつ。

二十四節気は太陽の動きで決められています。

つまり大地が太陽から受け取るエネルギーのことなんです。

神社はその土地に何らかのパワーを持っていることが多いです。もともと神聖な儀式や特別な力が宿るとされた土地に作られているからです。

大地からエネルギーの湧き出る場所が神社というわけです。

太陽から受け取ったエネルギーが大地に蓄えられ地上に出てくるなら。太陽の動きと関係した日に神社に行けばより多くのパワーをいただける。ということになりますね。

神社とライオンズゲートについて紹介します。

目次

ライオンズゲートとは

ライオンズゲートは8月8日に宇宙の扉が開いて宇宙のエネルギーが降り注ぐ日などと紹介されます。

要するに自然界に流れているエネルギーが大きくなる日です。

つまり東洋の気の流れと同じです。

詳しい説明はこちらを見てください。

・ライオンズゲートとは?8月8日 の過ごし方と本当の意味

エネルギーの門は季節の変わり目

ライオンズゲートが有名ですが。エネルギーの門は4つあります。これを「アバター降臨の4つの門」といいます。

その4つとは。

エンジェルズゲート、ブルズゲート、ライオンズゲート、イーグルズゲートです。

これらの門はそれぞれ

ンジェルズゲート=立春
ブルズゲート  =立夏
ライオンズゲート=立秋
イーグルズゲート=立冬

と重なります。

なぜそうなるのかはこちらに書いています。

ライオンズゲートの正体は立秋の日

ライオン門は西洋の考え方だから日本の文化や伝統とは関係ない。というのは間違い。

むしろライオンズゲートの出発点は陰陽や立春・立夏・立秋・立冬などの東洋思想です。

東洋思想を学んだディーン・ルディアという占星術師が二十四節気を知らない欧米人に広めるために占星術を使って説明したのが最初です。ディーン・ルディアに東洋思想を教えたのはアメリカで布教活動をしていた日本人禅僧の佐々木承周 老師。

つまりライオンズゲートは表現は違いますが、元になった考え方は日本の文化と共通するものです。

立春・立夏・立秋・立冬は二十四節気。

二十四節気は太陽の動きや季節の変化で決められています。

神社と無関係とはいえないのです。

宇宙のエネルギーと神社

立春・立夏・立秋・立冬は太陽エネルギーの表現

ライオンズゲートと神社。

全く関係のないように思えます。

でもアバター降臨の4つの門の正体は立春・立夏・立秋・立冬。

立春・立夏・立秋・立冬は二十四節気です。

二十四節気は太陽の動きをもとに作られています。
太陽エネルギーを受けた大地とその上に成り立っている自然界がどのように変化するかを表現した「ものさし」です。

神社では立秋の行事をしているの?

現代では暑い8月に神社はあまり行事は行っていません。旧暦から新暦に変わったのでずれてしまってる部分もあります。

でも神社の中にも8月7日付近に七夕を行ったり。夏越神事、厄除けの御手洗祭など。様々な名前で神事を行っているとこもあります。

最寄りの神社をチェックしてみるといいでしょう。

昔は暑い時期に食中毒や疫病の流行りやすかったので疫病除の神事をする所もありました。

暑い夏だからこそ。自然界のエネルギーをいただいてエネルギーを充電。暑い夏を乗り越えたいですね。

参拝に行く時期

2021年の場合。
ライオンズゲートは8月8日。
立秋は8月7日。

自然界のエネルギーからすれば1日のずれは大した意味はありません。どちらもでもいいです。

24節気ではひとつひとつの節目の間隔が15日。1年を24に分けているから。

二十四節気では「立秋」の前は「大暑」、立秋の次は「処暑」

大暑は7月22日
立秋は8月7日
処暑は8月22日

立秋だと8月7日(8日)をピークにその前後の期間15日がエネルギーが高い日です。

ライオンズゲートも同じです。

ピークの8月7日(8日)を中心に7月22日から8月22日の間なら大丈夫です。

神社は宇宙から降り注いだパワーが大地から湧き出す所

糺の森

 

でも行事がないからといって残念に思うことはありません。

むしろ人気の少ない今が、たっぷり自然のエネルギーを頂くよい機会です。

立春・立夏・立秋・立冬は太陽の動きをもとに自然界のエネルギーの流れを表現したもの。

ライオンズゲートや他のアバター降臨の4つの門も同じもの。欧米で広まったので表現が西洋風になってるだけです。

神社は自然界のエネルギーが強い場所に作られていることが多いです。とくに歴史のある神社はとくに強いエネルギーのある場所に立てられていることが多いです。それは古代の祭祀の場所だったからです。

ということは。

太陽や宇宙から大地が受け取ってエネルギーが神社のある場所から出ているのです。だからパワースポットと言われるのです。

エネルギーを受け取る神社参拝の仕方

何も行事がなくても誰もいなくてもかまいません。

神社に行って。境内を散策してみましょう。

鎮守の森があるところならなおいいです。鎮守の森は自然界のエネルギーが満ちている場所だからです。

特別なことをする必要はありません。よく御神木に触ったり抱きついたりしている人がいますが。そんなことをする必要はありません。というより大勢の人にそんなことされたら木にとっては迷惑です。

物に触る必要はありません。

あなたが「ここが心地よい」と思う心休まる場所に行って。

あなたの意識を樹々のさわめく音や、肌をとおりぬける風の感触、玉砂利を踏みしめる感触や音、木漏れ日の光にむけてください。そして境内や樹々を包む空気を感じてみてください。

何気ない出来事のひとつひとつがあなたの心を癒やしてくれます。そして新たな活力をあたえてくれるでしょう。

特別な儀式をしなくても自然に注意を向けてあなたの内面が自然とつながれば、大地のエネルギーを受け取ることができます。

普段の煩わしさ。忙しさ。ストレスから解放されて。自然界のエネルギーをたっぷり補充してみましょう。

もちろん。最初に本殿にお参りをすませましょう。

立春・立夏・立秋・立冬、つまりエンジェルズゲート、ブルズゲート、ライオンズゲート、イーグルズゲートは一番自然のエネルギーが満ちている時。そしてそこからエネルギーの流れが変わる時。

ライオンズゲートとその前後の日は太陽のエネルギーをいっぱいに浴びた大地からエネルギーをいただける日。

神社の参拝はいつ行ってもいいです。

でも。きっかけや理由(わけ)があると行きやすいですよね。

せっかく行くなら自然界のエネルギーが多いときに神社に行ってみてはいかがでしょうか。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる