神社参拝のしかたと神道

スポンサーリンク
神社参拝のしかたと神道

神宮・大社・神社の違い、社号がわかると神様もわかる

神社の名前を「社号(しゃごう)」といいます。 ◯◯神社というのが多いですね。でも神宮、大社などさまざまな呼び方があります。 それぞれに意味があります。社号の違いを知っているとその神社にお祀りされている神様がどのような神様なのか分かるので...
神社参拝のしかたと神道

鳥居の意味と由来

神社の入り口にあって参拝者を最初に出迎えるのが鳥居。 なんとなく通っていませんか?鳥居にはちゃんと意味があります。 どんな由来があるのでしょうか。鳥居をくぐるときの作法は?鳥居の不思議について紹介します。 鳥居の役目とは 神社の入り...
神社参拝のしかたと神道

名前のわからない神様・由来のよくわからない神様が神社に祀られている理由

神社に行くと名前のわからない神様がお祀りされていることがあります。地主神とだけ書かれていることもあります。名前はあっても由来がよくわからない神様もあります。 古すぎてよくわからない。ただそれだけだと思ってませんか?ところがもともと古代の神...
スポンサーリンク
神社参拝のしかたと神道

神棚の御札を変えるのはいつがいいの?

自宅や事務所に神棚をお祀りしている人は多いと思います。でも御札は永遠に使えるわけではありません。お取替えしないと役目をはたしてくれないのですね。 神棚は取り付けただけでお金が舞い込むとか、出世するとか、いい人と結婚できるとか魔法のアイテム...
神社参拝のしかたと神道

日本の神様の特徴とは

私達日本人が古くから信仰してきた神道では信仰の対象を 神(カミ)とよんでいます。普段は意識することなくなんとなく神とは神様とかよんでいますよね。でも現代人が信じる神のイメージには西洋の神(good)の影響が混ざったりして様々なイメージに...
神社参拝のしかたと神道

働くことが美徳の教えや宗教は珍しい

「働くことは神聖なこと」という考えは世界的にみると珍しいです。 日本の神道では「働くことは神聖なこと」という考えがありました。 「働くことは大切なこと」は神道の教えから でも、世界には労働は「良くないもの」と考えている宗教があ...
神社参拝のしかたと神道

「働くことは大切なこと」は神道の教えから

日本人は勤勉だといいます。 寝る間も惜しんで働くのがいいことだと思ってる人も多いですよね。 現代では働きすぎて問題もおきていますが、日本人が勤勉だったからこそ、現在の日本に発展できたのは間違いありません。 なぜ日本人は勤勉なの...
神社参拝のしかたと神道

神道とは自然崇拝と祖霊信仰のあつまり

神道は日本古来の教えです。 宗教には違いないのですが、神道の信者だと意識している人はほとんどいないかもしれません。でもほとんどの日本人が神道の教えの中で生きています。神道の考えは長い年月の間に日本人の習慣と一緒になりました。あまりにも当...
スポンサーリンク