神社参拝のしかたと神道

神社参拝のしかたと神道

大嘗祭で天皇陛下は何をしているの?

平成元年11月14日は大嘗祭が行われる日です。天皇陛下が即位して最初に行なう儀式。しかも一世に一度だけ行なうということで注目されていますね。 ただし基本的な内容は毎年行っている新嘗祭とあまり変わりません。 新嘗祭は五穀豊穣を願い。国の発...
スピリチュアルな意味

神道の拍手(かしわで)と仏教の合掌の違い

私達は神社に行ったときは2回(4回のところも)手をうちます。お寺に行ったときは静かに両手を合わせます。 つまり、神社では拍手(かしわで、柏手とも書きます)。お寺では合掌(がっしょう)するのですね。見たところ似たような作法ですがその理由を調...
神社参拝のしかたと神道

神社検定に合格しました

神社検定の参級に合格しました。 神社検定とは正式には「神道文化検定」といいます。神社庁が監修しているので今日本で一番正しい神道の知識が覚えられる検定といっていいです。 今回は合格の報告と今後受験する人のためにちょっとしたアドバイスを書き...
スポンサーリンク
神社参拝のしかたと神道

お賽銭の意味と金額

神社やお寺ではお賽銭を入れる箱があります。 神社にとってもお賽銭の意味と金額について紹介します。 お賽銭は神様へのお礼 賽銭の賽(さい)とはもともとは神様へのお礼の意味です。お賽銭は願いがかなったとき、日々の平穏を感謝するときに捧...
神社参拝のしかたと神道

手水の意味と作法

神社には手水舎(てみずや)といって、流れる水と柄杓の置いているところがあります。これは手洗場ではありません。穢(けがれ)を洗い流す場所なのです。 神社に参拝するときにはいくつかの作法があります。でも難しいものではありません。神道の基本はけ...
神社参拝のしかたと神道

一の宮とはどんな神社?

全国にはたくさんの神社があります。その中でも 一の宮(いちのみや)と呼ばれる神社があります。一の宮とはどのような神社なのでしょうか?その歴史と特徴を紹介します。 一の宮とは 律令国で一番格式の高い神社 一の宮とはその国の中で最...
神社参拝のしかたと神道

人は死んだらどうなるの?日本人の死生観

人は死んだらどうなるのか?どれは民族や時代を超えて大きなテーマでした。 私達日本人の祖先も死後の世界について考えを持っていました。たしかに現代の日本人の死後の世界のイメージは仏教の影響が大きいです。仏教で描かれる死後の世界が具体的で分かり...
神社参拝のしかたと神道

天照大御神と須佐之男命(簡単に分かる古事記)

古事記に語られる神話を簡単に紹介しています。 黄泉の国から帰ってきた伊邪那岐命は禊をすると、天照大御神、月読命、建速須佐之男命が産まれました。 天照大御神と月読命は父の命令どおりに役目を果たしますが、建速須佐之男命はいうことをききません...
スポンサーリンク