神社参拝のしかたと神道

スポンサーリンク
神社参拝のしかたと神道

夏越の祓の本当の意味

多くの神社では6月と12月には大祓(おおはらえ)という行事が行われます。 6月の大祓を夏越の祓といいます。夏越の祓は何のためにするのか知っていますか? 個人の罪穢れを払うため? でもそれだけではありません。 社会の存亡に関わるもっと...
神社参拝のしかたと神道

神前結婚式:古くて新しい結婚式事情の不思議

結婚式とは神様の前で行う結婚式のこと。とくに日本古来の神様の前で行う結婚式のことをいいます。神道式といってもいいかもしれません。 ところが古式ゆかしいように思える神前結婚式ですがその歴史は意外と浅いです。 でもそこには古代から受...
神社参拝のしかたと神道

神様、御札、お守りの数え方

日本の神様には独特の数え方があります。 神様を一人、二人とか言ってませんか?外国の神様の場合はそれでもいいかもしれません。でも、日本の神様の場合には正確には一柱、二柱と数えます。 他にもお守りやお神輿も数え方が決まっています。 神様に...
スポンサーリンク
神社参拝のしかたと神道

式内社と二十二社とはどんな神社?

「式内社」と書かれた神社があります。平安時代に決められた神社リストに載った神社なのです。 式内社について紹介します。 式内社とは 平安時代の法律「延喜式」で神社リストが作られる 平安時代の中ごろ、西暦927年に朝廷では神社や宮廷の祭...
神社参拝のしかたと神道

神宮大麻とは何と読む?どうして大切なの?お祀りの仕方は?

神宮大麻は伊勢神宮の御札です。 家庭で神棚をお祀りするときには必ずと行っていいほどお祀りします。氏神様や信仰している神様があっても神宮大麻はお祀りしたほうがいいといわれます。神宮大麻とはいったいどんなものなのでしょうか?どうして重要なのか...
神社参拝のしかたと神道

古墳はパワースポットだった?

古墳とは古代の豪族や有力者が葬られている大きなお墓です。 でも大きいと言ってもお墓でしょ。と思うかもしれません。でも古代人の信仰と大きく関わった施設でもあったのです。古代人にとっては聖地でした。いえ平安時代の初期までは聖地だったのです。現...
神社参拝のしかたと神道

三種の神器とはどんな物?

歴代天皇の継承の証となるのが三種の神器。 三種の神器とは、八咫鏡(やたのかがみ)、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、草薙の剣ともいいます)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま、八尺勾玉ともいいます)です。 歴代の天皇は三種の神器を受け継ぐと...
神社参拝のしかたと神道

神社の千木と鰹木の意味

神社の建物は古代日本建築の名残があります。 屋根に付いている千木(ちぎ)と鰹木(かつおぎ)も古代日本建築の名残なんですね。ただの飾りではなく意味があります。 千木や鰹木にどのような意味があるのか紹介sます。 千木の意味 千木とは神社...
スポンサーリンク