3)神社参拝のしかたと神道

スポンサーリンク
3)神社参拝のしかたと神道

神道とは自然崇拝と祖霊信仰のあつまり

神道は日本古来の教えです。 宗教には違いないのですが、神道の信者だと意識している人はほとんどいないかもしれません。でもほとんどの日本人が神道の教えの中で生きています。神道の考えは長い年月の間に日本人の習慣と一緒になりました。あまりにも当...
3)神社参拝のしかたと神道

ハレ・ケ・ケガレ。現代日本人の心を作った古代人の教えとは

日本には古来より「ハレ・ケ・ケガレ」という考え方がありました。信仰といってもいいかもしれません。 「そんな言葉は知らない」と思ってもほとんどの日本人がこの考え方で生きています。 「私は神は信じない。無宗教だ」と思ってる人でも知らない...
3)神社参拝のしかたと神道

狛犬の意味と由来・どうして神社に狛犬がいるの?

神社などでおなじみの狛犬。犬といいつつもその正体は「獅子」だといわれます。獅子とはライオンです。日本にいないはずのライオンが神様を守ってるのも不思議ですね。 狛犬はいつどこから伝わったのか。なぜ獅子が神様を守ってるのか紹介します。 狛犬...
スポンサーリンク
3)神社参拝のしかたと神道

御札(御神札)の交換はいつどのようにすればいいのでしょうか

神棚には神社でいただいた御札をお祀りします。 でも御札は永遠に使えるわけではありません。 適切な表現でないかもしれませんが、あえてわかりやすく書けば御札には賞味期限があるのです。 では、御札はいつどのように交換すればいいのでしょうか...
3)神社参拝のしかたと神道

神棚にお祀りするお札を新しくしました

神棚に祀ってあるお札を取りかえようと思ったので神社に行ってきました。 御札は一年に一度とりかえるのが習慣になってます。御札は永遠に使える物じゃないんですね。神様のパワーは衰えるものだそうです。 そこで普段お世話になってる近所の神様のお札...
3)神社参拝のしかたと神道

茅の輪くぐりの作法と意味

6月と12月。 一年に二回参道に輪っかが立っているときがあります。 茅の輪といって、この中をくぐるんですね。 なんのために茅の輪があるんでしょうか。 なにかいいことがあるのでしょうか。 茅の輪くぐりの作法と意味についてお話し...
3)神社参拝のしかたと神道

お礼参り・遠くの神様に行けない時は?

神様に願いをかなえてもらったら、お礼参りをしましょう。 「でも遠くの神様にお願いしたので簡単には行けない」ということはありますよね。そんなときどうすればいいのでしょうか。 旅行でおとずれた神社にお参りしたら願いがかなった。 また同じ...
3)神社参拝のしかたと神道

氏神・産土神・鎮守神の違い

氏神、産土神って聞いたことありますか? 氏神ならなんとなく聞いたことある。 という方もいるんじゃないでしょうか。 鎮守神、地主神と聞くともう分からないという方が多いと思います。 日本には昔からさまざまな神様がいます。 でも時...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました