MENU

大安とはどんな日?意味と由来は?

大安吉日は日本人にも一番馴染みのある吉日です。

日本には古くから様々な吉日・凶日があります。

そのたくさんある吉日の中でも一番有名なのが大安です。

漠然と「一番いい日」なんて思ってませんか?

でも、大安はなぜいいのでしょうか?

ただ単にいい日というだけではありません。現代の私達があまり意識していない意味でいい日でもあるのです。

知ってるようで知らない。

大安とはどんな日なのか紹介します。

目次

大安は一番メジャーな吉日

大安は六曜のひとつ。

六曜とは先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つの吉日凶日のことです。

吉日凶日の中でも一番有名ですね。

ちょっと詳しめのカレンダーなら六曜が書いてあります。

現在でも大安の日には結婚式はいっぱいになりますし、引っ越しも多いようです。

迷信を信じる人が少なくなった現代でもまだまだ人気のある吉日です。

大安の由来と歴史

考案したのは武則天の即位を予言した人?

六曜は朝廷が発行した暦には載ってません。なので正体不明な吉日、始まったのは明治以降などと書かれることはありますが。実は唐の時代に遡る古い吉凶日です。

六曜がいつできたのかよくわからない部分はあります。諸葛亮が発明したという俗説もありますけれど。そこまで古くはないようです。

有力なのは唐の李淳風という天文学者が考案したという説。

「新唐書」という中国の歴史書によると李淳風は唐の2代皇帝・李世民に「武氏の女が帝になる」と予言したといいます。武氏とは武則天のことです。それを聞いた李世民は武氏を殺そうかと思いましたが、李淳風は「唐の皇室は一時的に途絶えますが復活します。武氏を殺すと男に生まれ変わって皇族を滅亡させるでしょう」と言ったといいます。

この逸話が本当かどうかはわかりません。でも中国の正史にその書かれるくらい凄い人だったということです。李淳風は皇帝に仕える人ですから怪しい占い師ではなく役所に勤める立派な天文学者です。

日本でいうと陰陽寮の天文博士みたいな地位の人です。

六曜は一週間の太陰暦版

月は新月が満月になりまた新月になるまで約30日かかります。その30日分を5等分して六曜を作りました。月の満ち欠けを基準にしているので、6日で分けたほうがあまりが出にくくなるのです。

六曜は現在の七曜(一週間)と同じものだったのですね。

でも古い時代には六曜のよび方は違ってました。大安・留連・速喜・赤口・小吉・空亡。とか泰安・流連・則吉・赤口・周吉・虛亡と書いていたようです。

大安」は「泰安」と書いていたこともわかります。

日本にやってきた大安

日本には鎌倉時代に伝わったようです。六曜は朝廷の作った暦には載っていません。武士の時代になると、各地で独自の暦が作られるようになります。そうなると公式な暦以外にも独自の吉日凶日を載せるところも出てきました。

日本に伝わった六曜は 大安・友引・先勝・赤口・先負・仏滅 になりました。

江戸時代後半には民間の暦に載って一部で知られるようになりました。賭博師の間では特に人気になったようです。

全国的に有名になったのは明治以降。江戸時代の民間の暦は藩の中とか許可を得た地域でしか販売できません。明治になって自由に販売できるようになると、一気に全国に知られました。

メジャーデビューしたのは意外と新しいですが。歴史は古いのです。

下積み時代が長い吉日です。

専門知識がなくても字を見ただけで良い日とわかる。分かりやすさが人々に支持されて一番有名な吉日になりました。

大安の意味

大安の読み方

大安は普通は「たいあん」といいます。

でも「だいあん」とも言われることもあります。

由来のところでも書いたように古い時代には「泰安」とも書かれていました。

大安の読み方は「たいあん」というのが正しいようです。

安らかな日

婚礼、旅行、建築、移転、開店など何かを始める時、移動する時によいとされます。

何かを手に入れるときにもよいとされます。

大安(たいあん)とは大安日の略。「大いに安し」の意味とも書かれています。

古い書き方の「泰安」の「泰」も「穏やか、やすらか、落ち着いている」という意味。

大安は「不安がない日」なのです。

ものすごくラッキーとか、大勝ちするとか、大儲けするとかではない。

失敗がない、不安がない、負けない。

そういう意味でよい日です。

でもそういうところが日本人に受けました。

ハイリスク・ハイリターンよりも、ほどほどでいいから失敗しない。
不安があるのはいや。

そんな国民性だから大安は人気が出たのでしょう。

この日にすれば大成功!というわけではないけれど。
万能の吉日なので不安はない。
何事をするにも良い日です。

なんとも日本的な吉日ではないでしょうか。

こんなときに

ハイリスクハイリターンを狙うよりも

できるだけ損をしたくない、失敗したくない。

そんなときに大安はおすすめ。

もちろん、結婚式、開業、引っ越しなど。

失敗はしたくない。という日にもいいですね。

逆に大勝利を狙いたい、利益の大きさを狙うときにはあまり意味はありません。

とはいっても。占いに頼りすぎるのもよくありません。

あなたに自身があってこの日がいい!と思える日なら他の日でも大丈夫。

判断に迷って、悩んだときに参考にするくらいでちょうどいいのです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる