不成就日は願いが叶わない日?一粒万倍日が重なったらどうなるの?

不成就日いい日と悪い日

不成就日は願いが叶わない日。何事もうまくいかない日といわれています。

名前も不吉なので大凶日と思っている人もいるかも知れません。

それに一粒万倍日・一粒万倍日・大安と不成就日が重なったらどうなるのでしょうか?

不成就日とはどんな日なのか?他の吉日と。重なったらどうしたらいいのか紹介します。

スポンサーリンク

不成就日とはどんな日?

不成就日(ふじょうじゅび)とは、何をやってもうまくいかない日とされます。

とくにこの日に何かを始めるのはよくないとされます。

結婚、開店、子供の命名、引っ越し、芸事はじめ、契約ごとなどをするとよくないといわれます。

この日に急に何かを始めたり、願い事をするのもよくないとされます。

不成就日は旧暦で◯月◯日は不成就日。という決め方をしています。一月の間に4回。1年で48回やってきます。

不成就日は信じられてなかった?

昔からある選日ですが朝廷や幕府が作った正式な暦には載っていません。戦国時代に東北地方や北関東で使われていた会津暦には載っていました。ところが江戸時代に幕府が貞享暦(じょうきょうれき)を作ると不成就日は載らなくなりました。

室町時代は地方で様々な暦が誕生しました。会津暦もそのひとつ。江戸時代は幕府が日本国内で統一した暦を作り各地の業者に許可を出していました。江戸時代にも会津暦は発行されましたが、不成就日は不採用になりました。

でも幕府の許可のない民間業者が作った暦には載っていることがありました。

戦後。暦が自由に作れるようになると市販の暦に載るようになりました。

不成就日は古くからある選日ですがあまり広まっていません。江戸時代は暦の吉凶は信じられていましたから、幕府も全ての選日を禁止したわけではありません。それでも不成就日を認めなかったのは根拠はない。

でも「不成就日」といういかにも大凶日のような名前はインパクトがあります。そこで発行部数を増やしたい民間の業者が不許可の暦を作って売り出したのでしょう。

つまり。不成就日はあまり意味がない。すくなくとも天赦日よりは影響が小さい。といえますね。

願いをしてはいけないの?

不成就日の効果?に「願い事がかなわない」とがありますね。

「それなら神社に行ってお願いしても叶えてもらえないの?」と思うかもしれません。

だけど、神社に行って聞いてみても分かると思いますが。不成就日だからといって神様が願いを聞き届けてくれない。なんてことはありません。

神社には厄払いに行ったりしますよね。良くなるように願ったり、厄を落としたり。方位除けをしたり。むしろ悪い日だったとしても良い方向にしてくれるのが神様です。暦の吉凶は気にしません。

もし、願いが叶わなかったのなら別の理由があるはずです。あなたの普段の行いや、お願いの仕方に原因があるのかもしれません。

スポンサーリンク

不成就日と一粒万倍日が重なったらどうなる?

一粒万倍日と不成就日はどちらも「選日」のひとつ。選日とは暦の中でも良い悪いの性格がある特別な日。

すでに書いたように。不成就日は地方の一部の暦や不許可の暦で載っていたもの。天赦日は信じられていましたが、不成就日はあまり信じられていません。

あまり気にする必要はありません。

それでも「少しは影響があるかもしれない」と思うなら。天赦日の効果が少し減る。くらに考えたほうが良さそうです。

不成就日が一粒万倍日や大安と重なった場合も同じです。

一粒万倍日や大安の効果が半減する。くらいのつもりでいいです。

スポンサーリンク

2021年の不成就日

最後に令和3年(2021年)の不成就日を紹介します。

1月 4、12、18、26日
2月 3、11、14、22日
3月 2、10、14、22、30日
4月 7、12、20、28日
5月 6、15、23、31日 
6月 8、14、22、30日
7月 8、15、23、31日
8月 10、18、26日
9月 3、8、16、24日 
10月 2、6、14、22、30日
11月 8、16、24日
12月 2、8、16、24日

どうしても気になる人は参考にしてみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました