スポンサーリンク
5)日本の習慣と行事

彦星と織姫の物語

七夕といえば彦星と織姫の伝説が有名です。 もともと古代日本には彦星と織姫の伝説はありませんでした。 彦星と織姫の伝説は古代中国から伝わった伝説だからです。では織姫と彦星の伝説はどのようなものかご存知ですか? 彦星と織姫の物語を紹介し...
京都市 南区

吉祥院天満宮 菅原道真生誕地と伝わる菅原家ゆかりの地

吉祥院天満宮は京都市南区にある菅原道真公をお祀りする神社です。 学問の神様として有名な菅原道真が生まれた場所ともいわれます。 こちらでは吉祥院の名の通り吉祥天もお祀りしています。神社なのに仏教の神様をお祀りするなんてなぜ?と思うかもしれ...
神様仏様辞典

お稲荷様とはどんな神様?神道系と仏教系の稲荷神たち

商売繁盛・五穀豊穣の神様として人気のお稲荷様。非常に人気の神様です。でも名前はゆうめいだけど、実際にどのような神様なのか知らない人も多いのではないでしょうか。 お稲荷様をお祀りする神社仏閣ではどのような御祭神(御本尊)をお祀りしているのか...
スポンサーリンク
5)日本の習慣と行事

水無月を6月30日に食べる意味と由来

6月30日は夏越の大祓(なごしのおおはらえ)です。大祓とは半年間の間に溜まった罪や穢を祓うための行事です。古代から続く日本人の習慣です。 京都では6月30日の夏越の祓えの日には水無月(みなづき)という和菓子を食べます。 和菓子の水無月と...
京都市 伏見区

自動車のための巨大な茅の輪がある城南宮

6月の月末は半年間の間に体にたまった穢をおとす、夏越の祓えです。毎年各地の神社で夏越の祓えが行われます。 夏越の祓えの方法はいくつかあります。人形に穢を移すものや茅の輪くぐりなどが有名ですね。 ところが、城南宮では自動車が通れる茅の輪が...
京都市 南区

鎌達稲荷 サムハラと陰陽師ゆかりの神社

ご利益があると話題のサムハラ。大阪が有名ですが京都にもサムハラのお守りがありました。それが鎌達稲荷(けんたついなり)です。その神社は平安時代に東寺とともに造られた西寺跡地にあります。現在は公園になっている唐橋西寺公園の北側。住宅地の中にひっ...
神社参拝のしかたと神道

お賽銭の意味と金額

神社やお寺ではお賽銭を入れる箱があります。 神社にとってもお賽銭の意味と金額について紹介します。 お賽銭は神様へのお礼 賽銭の賽(さい)とはもともとは神様へのお礼の意味です。お賽銭は願いがかなったとき、日々の平穏を感謝するときに捧...
京都市 右京区

梅宮大社の紹介

梅宮大社は京都市右京区にある神社。 子授けと安産の神様として有名です。御祭神の酒解神はお酒の神様です。最近では境内に飼われている猫がかわいいと人気の神社です。 梅宮大社の境内 御祭神 本殿にお祀りされる神様 酒解神(さかとけのか...
スポンサーリンク