お礼参り・遠くの神様に行けない時は?

   

お祈り

神様に願いをかなえてもらったら、お礼参りをしましょう。

でも遠くの神様にお願いしたので簡単には行けない。
ということはありますよね。
そんなとき、どうすればいいのでしょう。

旅行でおとずれた神社にお参りしたら願いがかなった。
また同じ場所に行くのは時間もお金もかかる。
だからお礼参りできない。
そんな経験はありませんか?

本当はもう一度行くのが一番いいのです。
現実にはそうはいかないこともありますよね。

だからといって何もしないのは失礼です。

お礼参りが必要な理由はこちらでお話しました。
 お礼まいりはなぜするの?

遠いからといって、
しなくていいという理由にはなりません。

 

お礼参りの方法

 

総本宮に行く

 

神社はいくつかの系列に分かれています。

稲荷神社、八幡神社、春日神社。

祀っている神様は同じです。
それぞれの神社には元になった神社があります。
元になった神社から魂を分けてつくったのが、各地にある神社です。
支社といいます。

たとえば。お稲荷さんの場合。

総本宮は「伏見稲荷大社」。
そこから日本各地の「○○稲荷」に魂が移されました。
日本の神様は魂を分けることができるのです。
これを「分霊」といいます。
分霊が分かりにくければ「親子」と考えてもいいかもしれません。
総本社の神様が「親」で支社の神様が「子」です。

神社を会社に例えれば、
総本宮が「本社」、各地の神社が「支店」です。

支店の情報は本店に伝わります。
本店にお礼をすれば、各地の支店に伝えてもらうことができます。

でも、つごうよく総本社が近くにある。
とは限りませんよね。

 

同じ系列の神社に行く

 

神社は系列を作っています。

同じ神様を祀っているところは繋がってます。
ネットワークを作っているのです。

ということは、一番近くにある支店に行ってもおなじことができるのです。

頼りたい神様がいるけど遠くて行けない。
そういう人達のために作られたのが全国の支社です。

だから、総本社に行かなくても、
支社にお礼参りをすれば感謝の気持ちをつたえてくれます。

神様のネットワークは支社と支社も繋がります。

旅行先の○○稲荷でお祈りしたら適った。
家の近くにある△△稲荷でお礼まいりをする。

これも有効です。

総本社 → 支社
支社 → 総本社
A支社 → B支社

どれでもOKなんです。

 

産土神・氏神に行く

 

近くには支社もない。
という場合もあります。

そのときは産土神・氏神のところに行きましょう。

産土神と氏神はもともとは違う神様です。
でも現在ではひとまとめにして呼んでます。

くわしいことはこちらの記事を見てください。

氏神・産土神・鎮守神の違い

今住んでる場所をお守りしている神様のところに行くのです。
住んでる近くにいて面倒を見てくれる神様を産土神といいます。

その地域で氏神として祀っている神様は、
その地域を守っている神様です。
産土神と考えていいです。

村長や市長、地域の代表みたいなものです。

産土神も神様世界の一員です。
あなたが旅行先でお願いした神様に気持ちを伝えてくれるでしょう。

ほとんどは住んでいるところに近い神社が氏神様になっていると思います。
神社がたくさんある場所では担当地域がわかりづらいことがあります。

氏子になっていればその神社にします。
他の地域から移り住んで
氏子になっていないという人は多いですよね。

でも氏子区域にこだわらなくてもいいです。
行きたいところに行きましょう。
そのかわり、日ごろから行くこと。

近くの神社に日ごろからお参りしていると、
いざというとき神様にお願いしやすくなります。

 

ご先祖様にお願い

 

最後の手段はこれです。

ご先祖様にお願いするのです。

イメージとしては。
自分→親→町長(地域の代表)→お世話になった偉い人
ですね。

お墓参りしろという意味ではありません。
家に仏壇、神棚があればそこでお願いすればいいです。
ない場合は心の中で気持ちを伝えればいいです。

日ごろから、ご先祖様ありがとう。
と心の中で感謝していると願いは伝わりやすくなります。

僕の場合はなにかいいことがあると
「ありがとう」と心の中でつぶやいてます。
車を運転してるとき、信号が青で通れたら「ありがとう」とつぶやくことがあります。
声に出すと「変な人」に思われるかもしれないので。
心の中でつぶやくだけでいいです。

ささいなことでも習慣づけておくと、
いざというときに、お願いしやすくなります。

小さなことからやってみませんか?

 

 

 

 - 後利益を授かる作法