七夕はどうして「たなばた」というの?宮中行事から始まった七夕まつりの起源

 

七夕

7月7日は七夕の日です。

でも七夕と書いてどうして「タナバタ」と読むのでしょうか?

七夕はいつ始まったのか?お盆との関係など。七夕についての不思議を紹介します。

 

どうして七夕を”たなばた”と読むの?

 

七夕を”たなばた”と読むのは日本古来の行事がもとになっています。

「たな」は「棚」。
「ばた」は「機」。
と書くことができます。
「機」とは布を織る道具のことです。

織機

織り機は古代からありました。人間が作った機械のなかでは最も古いものといえます。

お盆の前、7月7日の夕べに機を織る儀式がありました。夕べとは日が沈んで夜になる時間帯です。

7月7日の夜に機織りの儀式をしていたので、七夕と書いて「たなばた」と読むのですね。

万葉集では「たなばた」の字を「織女」と書いてます。
新古今和歌集では「七夕」と書かれています。平安時代「七夕」と書くようになったんですね。

 

七夕は神をお迎えする行事だった

なぜ7月7日に機織りの行事を行うのでしょうか?

古代には、たなばたはお盆の行事のひとつでした。
現在のお盆は8月中旬ですよね。でも旧暦ではお盆は7月中旬でした。

祖先の霊を迎えるための準備の儀式が七夕なのです。
穢を払いきれいにしてご先祖様を迎えたい。そのための儀式なんですね。

7月7日の夜。遠くからやってくる神のために水上に棚を作って乙女が機を織る行事がありました。

 

機織りの女性を 棚機女、棚機津女(たなばたつめ)、乙棚機(おとたなばた)といいます。

人里離れた水辺の機屋に乙女が神をお祀りして一夜を過ごします。次の日、七夕送りをして神に穢れを持ち帰ってもらうのです。この乙女は神に仕える女性=巫女の役目をします。

なぜ神に仕える巫女が布を織るのでしょうか?

現代人の感覚では衣服は体を保護するものです。でも、古代には衣は「魂を包むもの」とも考えられていました。衣を作るための布は神聖なもの、霊魂を意味するシンボルになったのです。

ですから、布を織る作業は神に仕える神聖な仕事と考えるようになったのですね。

 

古事記に書かれた機織女の伝説

 

古代から機織りが神聖な仕事だとわかるお話が古事記に載っています。古事記や日本書記の神話の中でさり気なく描かれる世界は、縄文時代から弥生時代にかけての日本人の習慣や生活、価値観がもとになっているからです。

ある日、邇邇芸尊(ニニギノミコト)が浜辺を歩いていました。

ニニギノミコトは天照大御神の子孫で皇室の祖先にあたる伝説上の人です。

ニニギノミコトは海辺に立派な建物を見つけました。建物の中には、機を織る美しい少女がいました。
この少女は大山祇命(オオヤマツミノミコト)の娘・木花佐久夜毘売命(コノハナサクヤヒメのミコト)。

木花佐久夜毘売は神が着る衣を織っていました。機織女だったんですね。

邇邇芸尊は美しい姫に求婚して木花佐久夜毘売と結婚します。その後の話は七夕とは関係ないので省略しますが。

水辺で乙女が機を織るというのは神聖な役目だったことがわかります。

お盆の行事に残る古代の風習

お盆の時期には茄子(ナス)や胡瓜(キュウリ)に棒をさして牛や馬を作ります。ナスの牛やキュウリの馬が、ご先祖さまの乗り物になってあの世とこの世を行き来する。と考えられています。

農作物の収穫を感謝するお祭りと関係があるのです。米は秋に収穫されますが、麦や野菜など畑の農作物は夏に収穫されるものがあります。ナスやキュウリも夏の野菜です。7月には畑の収穫を神に感謝する行事も行われていました。このとき、ナスやキュウリで作った動物が神の乗り物として捧げられました。

やがて夏の収穫祭は祖先をお迎えするお盆の行事と一緒になりました。現在のような、お盆の行事ができたのです。

 

彦星と織姫の伝説

七夕といえば彦星と織姫の伝説が有名です。
もともと古代日本には彦星と織姫の伝説はありませんでした。

彦星と織姫の伝説は中国から伝わった伝説だからです。

大まかな内容は以下のとおりです。

天の川の東に織女が住んでいました。織女は天帝の娘です。いつも機織りをして天帝の衣を作っていました。

天帝は織女が独身なのを気の毒に思って天の川の西にいる牽牛郎と結婚させました。

ところが織女は結婚後、機織りをしなくなりました。怒った天帝は2人を別れさせ、織女を天の川の東に帰らせました。7月7日の夜だけ川を渡って合うことを許しました。

この話は漢の時代ころから普及し始めたようです。

中国では彦星は牽牛星、織姫星は織女星とよばれました。

この話は日本人の共感を得たらしく、万葉の時代から様々な歌に詠まれてきました。

 

 

短冊と笹の葉の起源・乞巧奠(きこうでん)

七夕の習慣で大切なのが、短冊に願いを書いて笹の葉に吊るす習慣ですね。

これは古代中国の乞巧奠(きこうでん)という習慣が元になっています。

唐の時代より盛んになった習慣です。

唐の玄宗皇帝が楊貴妃とともに華清宮に遊びに行った時、牽牛・織女星を祀るため、瓜、花、酒を並べ、女官たちが乞巧奠(きこうでん)を行ったのが始まりといわれます。

日本では孝謙天皇の天平勝宝7年(755年)に始まりました。

乞巧奠とは、5色の糸を使った巧みな織物を作り、琴を机の上に置いてお香を炊き、技芸の上達を祈りました。祈るだけでなく、蜘蛛占い(蜘蛛の糸の貼り方で吉凶を占い)や針占い(針を水面に浮かべて底に写る影で吉凶を占う)も行われたようです。

この行事が始まった頃は女官がお祈りしていたものですから機織りや琴の上達をお願いしていました。

後の時代には、歌を添えるようになりました。最初は梶の葉に歌を書いて筆や硯と一緒にお供えしました。

江戸時代になると笹竹を立てて、笹の葉の露で和歌を書きました。

やがて笹竹は長い竹になり、梶の葉は短冊になりました。和歌を書いていたものがお願いを書くようになり。

お願いの内容も裁縫や芸事だけでなく、良縁、合格、幸福など庶民の様々な願いが込められるようになりました。

宮中行事が人々の間に広まっていく間に、次第に変化していったものが七夕の行事なんですね。