六芒星にはどんな意味があるのでしょうか

六芒星(hexagram)は魔除けと魔術的な力を引き出すための模様として使われます。

六芒星は古代より五芒星とともにメジャーな魔除けの印として世界各地で使われています。

スピリチュアルな世界ではさらに深く研究され、霊的な力を引き出すための紋章として考えられました。

六芒星の不思議について紹介します。

 

六芒星とはどんな図形?

まずは六芒星とはどのような図形なのか紹介しましょう。

円を等間隔に6つに分けてその点をむすぶと正六角形(ヘキサゴン)になります。
HEX

正六角形は正三角形を二つ合わせた形ですね。

六芒星

これが六芒星です。英語ではヘキサグラム(hexagram)といいます。

でも、ヘキサゴンと言った場合には六角形になってしまいます。6つの角がある星型の場合はヘキサグラムといいます。
ダビデの星やソロモンの星ということもあります。

 

六芒星は魔除けの印

六芒星は古代より魔除けとして使われました。

六芒星は五芒星と同様に一筆書きができます。線に切れ目がないので悪霊を結界のなかに閉じ込めたり、逆に結界のなかに悪霊が入らないようにできます。

六芒星は悪霊が怖がるをたくさんもっています。線と線が交わった部分が目になるんです。

六芒星(Hxagram)は調和・完全のシンボル

古来より六芒星は人間に魔術的な力を与えると考えられてきました。

六芒星は上向きの三角形△と下向きの三角形▽があわさった形です。

上向きの三角形は物質の霊への上昇。下向きの三角形は霊から物質への下降を意味します。人間にあてはめると物質とは肉体。霊とは魂です。魂と肉体の調和を意味するのです。

他にも二つの三角形は二つの対になるものを意味します。

例えば、天と地、光と闇、火と水、風と土、神と人、男と女などです。二つの三角形があわさることで異なるエネルギーの融和・調和を表現したのが六芒星です。

五芒星は上下が逆になると意味が変わりますが、六芒星は上下が逆になっても意味は変わりません。

 

日本の六芒星

六芒星は五芒星とともに古代の日本に伝わりました。

五芒星と同様に魔除けとして使われました。五芒星は陰陽道や仏教と結びつき広く普及しましたが、六芒星は神道や民間信仰の中で使われることが多かったようです。

日本では六芒星を籠目紋(かごめもん)と呼びます。

竹で編んだ籠の形に似ているからです。六芒星の星が連なった籠を「目籠」といいます。

籠目

 

目籠も魔除けになると考えられました。鬼が逃げていくともいわれます。

六芒星と同じく目籠にはたくさんのがあります。悪霊や鬼はたくさんの目を怖がるのです。

日本には事八日(ことようか)と呼ばれる風習があります。2月8日が事始め。事始めは農業の準備を始める日。12月8日が事納め。事納めは農業の片付けを行い。神様を迎える準備を始める日です。

関東や東北では1年の御事始めや事納めの日には鬼がやってくるのを防ぐため。目籠を戸口や軒に吊るしたりたてかけてる習慣がありました。

籠目紋を旗や幕の根本「乳(ち)」に刺繍して魔除けに使うこともあります。

例えばこの戦国時代の旗には九字紋とともに籠目紋が刺繍されています。

 

 

現代でもお祭りや冠婚葬祭の幕、のれんの乳などに六芒星などを刺繍している場合もあります。

神社には魔除けや聖域を守る結界として六芒星を使っているところもあります。

 

 

インドの六芒星

インドではシャコナは調和、創造を意味します。

神様や神秘的な意味を表現する図として、ヤントラ(Yantoras)があります。ヤントラの中にシャコナ(Shatkona)があり、六芒星の形をしています。

上向きの三角は男神シヴァ、男らしさ。下向きの三角は女神シャクティ、女らしさを表しています。また、シャコナは6つの顔を持つ神様・スカンダを意味しています。スカンダはシヴァとシャクティの子供です。つまりシャコナは男性と女性による創造を表しているんですね。

 

六芒星=ユダヤではない

六芒星はダビデの星(Star of David)やソロモンの封印(Seal of Solomon)と言われることもあります。

ダビデの星と言った場合はユダヤのシンボルとしての意味が強くなるようです。

でも六芒星は古代イスラエルのダビデ王とは関係ありません。

ソロモン王が使った封印は五芒星やそれ以外の紋章だったという説もあります。

古代にはインドから中東、北部アフリカあたりの様々な地域で使われていました。シナゴーク(ユダヤ教の礼拝所)では魔除けとして六芒星と五芒星を両方とも使っていました。六芒星はユダヤのシンボルではありませんし、ユダヤ人が独占した印でもなかったのです。キリスト教では創造の星(Star of creation)と呼ぶこともあります。

ユダヤ人が六芒星をシンボルマークとして使いはじめたのは17世紀から。神聖ローマ帝国のユダヤ人部隊が六芒星を「ダビデの星」として使ったのが始まりです。しかも六芒星をユダヤの紋章にしてはどうかと勧めたのは神聖ローマ帝国からユダヤ人部隊のシンボルマークをどうすればいいのか相談をうけたイエズス会。ユダヤ人が自分で決めたわけではありません。でもそれ以降ユダヤ人はダビデの星をユダヤのシンボルマークとして使いました。

わりと最近なのです。

だから古代から伝わる六芒星はユダヤだけを意味するものではありません。

古代世界の多くの人々を魅了するシンボルなのです。