MENU

年越しそばのスピリチュアルな意味

そば

毎年、大晦日になると年越しそばを食べますよね。

なぜ年越しそばを食べるのでしょうか?

縁起物だから?

伝統だから?

もちろんそうです。

でも年越しそばにはもっと深いスピリチュアルな意味があります。

貴方の開運に繋がるかもしれない年越しそばの意味を紹介します。

 

目次

年越しそばとは

改めていうと年越しそばとは

大晦日(12月31日)に食べるお蕎麦のこと。

今では麺類のことを「ソバ」と言いますけれど。もともとは「蕎麦(そば)切り」と言っていました。蕎麦(そば)の粉を固めたものを麺状に細長く切ったものが「蕎麦切り」。

江戸の人たちはそば切りが好きでよく食べていました。とくに月末は忙しいので手軽に食べられるそば切りは任期でした。

節分のときも「厄落とし」の意味でそば切りを食べていました。

大晦日に食べるそば切りを「晦日(みそか)そば」「つごもりそば」「歳取りそば」と言ってました。江戸時代までは数え歳が普通で。元旦が来ると皆一斉に1つ歳をとっていたから。大晦日に食べるそばは「歳取りそば」といいました。

明治になって「年越しそば」というようになりました。

どうして年越しそばが

まずよく言われるのが

そばのように細く長く幸福でありますように

例え凄くいいことがあっても一瞬では意味がない。小さなしあわせでいいので長く続いて欲しい。という想いが込められています。

「引っ越しそば」には「末永く親しくよろしくお願いします」という意味がありますね。それと似たような意味です。

また。江戸時代の金細工師は加工品を作るときに出た金粉銀粉を無駄にしないために集めていました。そのときそば粉を練って作ったそば団子にくっつけて集めていました。そこから「そばで金銀をかき集める」という意味が生まれました。

そばなど麺類にはよくネギが入っています。もちろん薬味として入っているのですけど。ネギにも縁起担ぎがあり。

心を和らげるという意味の「ねぐ(ねぎ)」というやまと言葉に繋がります。

また神職の禰宜(ねぎ)と同じ発音なので「穢れを払い清めてくれる」という意味もあります。

日本には語呂合わせが非常に多いのですが。日本は言霊の国なのでみんな無意識のうちに口に出した言葉の発音の影響を受けているのです。だからいい意味の言霊をどんどん口にすれば運も開けてくる。というわけです。

昔は蕎麦(そば)が五臓(内蔵)の毒を取ると信じられたので、毒消しの意味を持つそばを食べて健康を願う。という意味もあるといいます。

事実、蕎麦は小麦粉に比べるとタンパク質やビタミンB1、ビタミンB2、ミネラル、食物繊維が豊富です。ポリフェノールの一種のルチンも含まれています。

ビタミンB1、B2は疲労回復に役立つ栄養素ですし。ルチンは毛細血管を強化して血液を下げ、血液をサラサラにしてくれるともいわれます。血液が健康だと内蔵も弱りにくいので意外と言い伝えだからといって馬鹿にできないのです。

 

年越しそばのスピリチュアルな意味

こうした言い伝えのある年越しそばはスピリチュアル的にはどんな意味があるのかまとめると。

細く長くラッキーになれる

小さなことでも幸運が続くという意味があります。

 

癒やし

麺と一緒に食べるネギには「ねぐ=なごむ」という意味があるので。

心の癒やしの意味があります。

 

穢れをはらう

人は知らない間に様々な小さな罪を犯しています。小さな嘘をついたり、ごまかしたり、ちょっとしたものを壊したり。そういうものが溜まると不幸になったり、病気になったりすると考えられました。

でもそれを気にしていたら生きていけません。生きていくためには仕方ない。でも少しでもいいから罪穢れを減らしたい。というわけで様々な穢れを払う儀式や行事ができました。

そばやネギにもそんな穢れをはらう意味が込められています。

ちょっとしたことですが。そうした心がけの積み重ねが大切なのかもしれません。

運が開ける

地域によっては年越しそばは年神様を迎えるために食べるそばと考えられました。年神様は祖先の魂のことで。子孫を見守りにやってきて幸運を授けてくれます。だから昔から大晦日から正月の行事は盛大に行うのです。

年神様を迎える準備ができたところで、年越しそばを食べてお祝いして。そして寝て。年が開けたら年神様をお迎えする。というのが作法になっているところもあります。

だから年越しそばは運が開けるための前準備なのです。

金銀を集めるという意味もあるので。やはり富を呼び込むというおめでたい意味もあります。

意識して食べるのが大切

いかがでしたか?

年越しそばなんてただの伝統行事。
昔から食べているからなんとなく。
と思ってませんか?

でも年越しそばにはちゃんと意味があるのです。

スピリチュアルなものは例えどんなに凄いものでもあなたが意識してなかったらスルーされてしまいます。心(精神・魂=スピリット)の中に入ってくるものだからです。

なんとなく食べていたらそれは餌です。生存のために必要な栄養でしかありません。それは大切なことですけれど。それだけで終わらせるのはもったいないですねよ。

開運で大事なのは、なんとなくではなく「意識して」行うこと。

その意味を理解してありがたみを感じながら食べると運も開けてくるかもしれませんよ。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次