洛中・洛外・洛東・洛西・洛北・洛南の範囲

京都府

京都に行くことを「上洛」といったり、洛中洛外とか、洛東・洛西・洛北・洛南といったりします。

どうして京都が「洛」なんでしょうか?

どの地域を洛中・洛外とよぶのか。
洛東・洛西・洛北・洛南がどのあたりなのか紹介します。

京都が「洛」な理由

平安時代の文学の世界では、平安京を長安・洛陽と呼ぶことがありました。

長安・洛陽とは唐の都です。

唐では西にある長安を都。東にある洛陽を副都にしました。

そこで平安京では朱雀大路から西を「長安城」、東を「洛陽城」と呼びました。いずれも正式な呼び方ではなく文学上の「かっこいい」と当時の人が考えた愛称です。

しかし平安京の西側はもともと水はけが悪かったり災害が起きたりしたので廃れてしまいます。

御所などの重要な施設も平安京の東側に移り発展を続けました。

その結果、平安京の東を意味する洛陽が平安京そのものを意味する言葉になりました。洛陽を省略して「洛」といえば平安京という意味になったのです。

右京と左京

京都には右京と左京という呼び方があります。
現代の住所の右京区、左京区とは若干違います。
平安京の東半分を左京。西半分を右京と呼びました。洛陽城部分が左京、長安城部分が右京です。
地図で見ると右側が左京、東側が右京になるので現代人は戸惑うと思います。
これは御所から見て右側を右京、左側を左京と呼んだからです。

地図を南北を逆にして見るとよく分かると思います。

洛中洛外の分け方

京都の場所を表現するときに洛中・洛外といったり、洛東・洛西といったりします。

でもこれはなんとなく呼ばれているので、正式な分け方はありません。大まかな地域はわかるものの、人によって境界線はあいまいです。

でもおおよそどのあたりか知っておくと、京都のどのあたりなのかわかって便利です。現在の住所でどのあたりになるのかおおよその分け方を紹介します。

洛中

ほぼ平安京の洛陽部分。
現在の北大路通から南、九条通から北。千本通から東、鴨川から西。
上京区、中京区、下京区、南区の一部になります。
JR京都駅から南は洛南に含めることもあります。

主な観光地
京都御所、晴明神社、護王神社、白峯神宮、二条城、本能寺、壬生寺、西本願寺、東本願寺、北野天満宮
京都水族館、

主な駅
JR京都から二条

洛外

京都市で洛中の周辺部分。さらに細かく次のように分かれます。

洛東(らくとう)

左京区、東山区、山科区

主な観光地
銀閣寺、永観堂、哲学の道、南禅寺、平安神宮、円山公園、高台寺、八坂神社、清水寺、建仁寺、三十三間堂、豊国神社、六波羅蜜寺
霊山資料館

主な駅
京阪電鉄七条から出町柳。地下鉄東西線三条京阪から御陵

洛北(らくほく)

北山区の北大路通りから北側。鞍馬、貴船、比叡山あたりまで。

主な観光地
鞍馬寺、貴船神社、三千院、延暦寺、上賀茂神社、下鴨神社、今宮神社、大徳寺

主な駅
京都市営地下鉄烏丸線 北大路から国際会館まで
京阪電車 出町柳から鞍馬まで

洛西(らくさい)

右京区の南部、西京区。
向日市、長岡京市の一部を含むこともあります。

主な観光地
金閣寺、大覚寺、天龍寺、野宮神社、車折神社、松尾大社、仁和寺、鈴虫寺、苔寺、長岡天満宮
嵐山、桂離宮

主な駅
JR山陰本線円町から保津峡まで
阪急電車嵐山線
京福電鉄西大路三条から嵐山まで

洛南(らくなん)

南区の九条通から南側、伏見区。
山科区の一部、宇治市の一部を含むこともあります。

主な観光地
東寺、東福寺、伏見稲荷、城南宮、御香宮、醍醐寺、平等院
寺田屋、伏見桃山城

JR奈良線 東福寺から小倉まで
京都市営地下鉄烏丸線、竹田から九条まで
京阪電車本線東福寺から淀まで

以上はおおまかな分け方です。
決まった分け方がないので、観光ガイドや地図を作った人によって微妙に違うこともあります。
でもおおまかな分け方を覚えておくとだいたいどのあたりにあるのかわかるので便利です。

コメント