自動車のための巨大な茅の輪がある城南宮

車用茅の輪 京都市 伏見区
スポンサーリンク

6月の月末は半年間の間に体にたまった穢をおとす、夏越の祓えです。毎年各地の神社で夏越の祓えが行われます。

夏越の祓えの方法はいくつかあります。人形に穢を移すものや茅の輪くぐりなどが有名ですね。

ところが、城南宮では自動車が通れる茅の輪があるのです。人間サイズの茅の輪はよくみかけますが。車サイズのものはめったにありません。

城南宮とは京都市伏見区にある神社。京都では方除けの神様として有名です。他府県からもご祈祷に来る人が多い神社です。方除けにちなんで交通安全のご利益もこの神社の特徴。だからでしょうか。人間だけではなく自動車の茅の輪くぐりも行っているのです。

城南宮で行われた自動車の夏越しの祓を紹介します。

スポンサーリンク

自動車で茅の輪くぐり

駐車場に教習所のようなコースがあり、その先に巨大な茅の輪があります。

城南宮車用茅の輪

茅の輪の前後に橋についてるような欄干があります。車がコースからそれないようにするためのものだとは思いますが。茅の輪の雰囲気に合ってていいです。

横にあるテントと比べるとその大さが分かると思います。高さ5メートルくらいあるんじゃないでしょうか。作るの大変そうです。こんなに大きな茅の輪を作るなんて、いったいどれだけ材料使ったんでしょうね。

 

茅の輪の手前まで乗用車が来ました。一旦停止してます。

車用茅の輪

そばにあるテントから神主さんが出てきました。テントは神主さんの待機場所だったみたいです。

茅の輪を潜る前にお祓いをしています。

車用茅の輪

 

茅の輪をくぐるだけではなく、お祓いまでしてくれるんですね。

 

自動車が茅の輪をくぐって無事終了。

車用茅の輪

すぐ後ろには別の車が控えています。

車の茅の輪くぐりができる期間

自動車の茅の輪くぐりは通常の茅の輪くぐりと違って7月1日~7日までです。
今回紹介した写真は昨年撮影したものです。
時間は午前9時~午後4時までです。
お間違えのないように。

普通の車のお祓いをすると1台6000円ですが、この茅の輪くぐりは無料です。ずいぶんと親切ですね。
茅の輪くぐりは過去半年間にたまった穢れをはらうものなので通常の厄払いとは役目が違います。

でもやってみて損はないですね。車で行く機会のある方なら車で茅の輪くぐりしてみてはいかがでしょうか?

城南宮の情報

JR京都駅から
・京都市バス 19系統 城南宮 下車 徒歩2分

・京都らくなんエクスプレスREXバス 
土日祝
 京都駅八条口から 城南宮前 下車 徒歩1分

平日
  油小路城南宮 下車 徒歩 徒歩5分。

平日と土日祝ではルートが変わります。

・車

駐車場有。200台。無料

名神高速道路:
名古屋方面から京都南インターチェンジおりる。
大阪方面から京都南インターチェンジ第2出口おりる。

インターチェンジおりて国道1号線を大阪方面へ向かい、1つ目の信号越えたらすぐ。

Official Website :http://www.jonangu.com/index.html

住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地

 

コメント