2023年の夏至はいつ?スピリチュアルな意味と開運法は?

夏至

夏至(summer solstice)は一年で一番、太陽の出ている時間が長い日。

太陽のエネルギーがつよくなり自然界には生命力に満ちています。太陽は空の一番高いところにあってその暖かさで大地に豊かさを与えてくれます。

そんな自然界にエネルギーが満ちる夏至はスピリチュアル的にもとても大切な時期です。運気を上昇させ、もっと前向きに、元気に生きていきたい。今よりも素晴らしい暮らしがしたいと思っている方は。

夏至のパワーをあなたのスピリチュアルな部分に活かしてはいかがでしょうか?

夏至のスピリチュアルな意味と、開運したい方のための夏至の過ごし方を紹介します。

目次

夏至とは何?いつなの?

夏至とは?

夏至(げし)の日は日の出から日没までの時間が一年で一番長い日です。

つまり、一年で一番昼が長い日ですね。

だから1日の間に太陽から受け取るエネルギーが一番多い日です。

夏至の日は日の出から日没までだいたい14時間半。
冬至の日は日の出から日没までだいたい9時間40分くらい。

一年で一番昼が短い冬至と比べると約5時間も太陽の出ている時間が長いです。

1日24時間のうち5時間も違うって凄く大きいですよね。

それだけ太陽から受けるパワーが違うのです。

2023年の夏至の日はいつ?

夏至の日は年によってずれることもありますが、だいたい6月21日ごろ。

日本では2023年6月21日です。

二十四節気のひとつ

夏至は二十四節気のひとつです。

二十四節気とは太陽の動きをもとにして1年を24に区切って季節感を表現したもの。昔の人は自然とともに生きてきました。自然の移り変わりによって生き方も生活のリズムも変わります。

二十四節気で夏至といえば6月21日から七夕の直前の7月6日の2周間のことです。夏の勢いがどんどん強くなって、これから真夏に向かっている期間です。

夏至と体調不良の関係

6月はまだ夏の暑さに体が慣れていない時期です。でも気温が急激に上がり、体の調整機能がついていかない人もいます。

ただでさえ太陽の出ている時間が長くなり気温があがるのに。日本では夏至の期間は梅雨になります。暑さとムシムシする湿気の多さ。降り続く雨によって、外に出られないストレスや、衛生環境の悪化など。さまざまな原因が重なった体のバランスも崩れやすい時期です。お腹をこわしたり、お肌が荒れたり、かゆみが出たりすることもあります。

暑さやムシムシする湿度の高さで集中力が続かなかったり、やる気がなくなったりすることもあります。そのためささいなミスやトラブルもおこりがち。

ですから夏至の期間は体調が崩れやすいので注意しましょう。

ひとつ気をつけてほしいのは体調の変化はスピリチュアルなものと決めつけないでください。

現実には環境の変化で肉体が直接影響を受けています。このページでは「心や感情」に影響のあるものも紹介しますが。それだけで改善できるわけではありません。

自然環境の変化に肉体がついていけない・肉体のバランスが崩れていることなのでしっかりした対策が必要です。

夜更かしをせず、偏りのない十分な栄養をとり、食中毒にも気をつけて、十分な休息・睡眠をとって体をいたわってくださいね。

身体的な不調が起きているのに、いくらスピリチュアルな対策をしても意味はありません。体調の変化を安易にスピリチュアルなものにしないでください。

では体調の管理ができている。医学的には問題がない。

という前提でお話を進めていくのであなたの暮らしに役立ててくださいね。

夏至のスピリチュアルな意味

夏至の伝統的な意味

夏至は一年で一番、太陽の出ている時間が長いので世界各地で太陽神のお祭りが行われていました。

とくに年間を通して日照量の少ないヨーロッパなどでは夏至は冬至と並んでとても重要な日です。キリスト教伝来後、聖人の日に置き換えられていますが。もともとは太陽の恵みをお祝いする日でした。

夏至の太陽が特別。という考えは古代からありました。夏至の日に太陽が見えるように作られた遺跡が世界各地あります。イギリスのストーンヘンジ、マヤ文明の遺跡が有名です。縄文時代の遺跡にみられる環状列石も似たような意味をもつと考えられています。

北欧のミッドサマー

スウェーデンなどキリスト教の布教が比較的遅かった北欧では古い習慣が残っていて、夏至祭(ミッドサマー)という行事が行われます。家族と友人が集まり、旬の食材を食べながら一晩中、飲んで歌って踊って楽しく過ごす習慣があります。

魔除けの焚き火

北欧や東ヨーロッパでは夏至の期間に魔除けの為に火を焚く習慣があります。これから太陽の力が強くり生命が溢れ実りをもたらす時期が来る前に。火を燃やして悪いものを浄化しておくのです。日本のお焚き上げに似た習慣です。

恋愛・結婚

人々が集まって楽しく過ごすひとときは出会いの場でした。そのためヨーロッパ各地の夏至の行事の期間中に恋愛占いをしたり、縁結びの願掛けをしたりといったことが行われました。

6月は古代ローマの女神ユノーのお祭りが行われる時期。ユノー(英語でジュノー)は結婚や女性の守護神です。かまどの女神ウェスタ(英語でヴェスタ)にとっても重要な時期です。

こういったこともあり夏至の期間は恋愛運・結婚運の上がる期間と考えられることもあります。

日本の夏至

日本ではちょうど梅雨や田植えシーズンに重なるので夏至に特別なお祭りをする地域は少ないですが。夏至の時期は田植えの目安としての意味があります。そうしたこともあり天照大御神は稲作の神としても信仰されました。盛大な行事は作業の区切りがついたときに行い。普段はより生活に密着した形で人々の生活に溶け込んでいるのが日本の夏至の特徴です。

三重県伊勢路の夫婦岩のある二見興玉神社では特別な行事が行われます。夫婦岩から登る朝日を拝みなら禊をします。

京都では二十四節気の夏至の期間に重なる6月30日に水無月というお菓子を食べて暑気払い・邪気払いをする習慣があります。

愛知県の一部地域では夏至の日に無花果田楽(いちじくでんがく)という食べ物を食べます。

夏至の日に開運する7つの過ごし方

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びるのは気持ちいいものです。とくに朝日の神々しさは言葉で言い表せない気分の高まりと、この世の中で生きていることの素晴らしさを教えてくれます。

古来、日本では太陽は「ひ」と呼んでいます。「ひ」に靈(たましい)の字を当てることもあるように。現代的な表現をすると「生命エネルギーの元・塊」の意味です。日本人にとって太陽は単に光と熱を与えてくれるだけの天体ではありません。生命の元なのです。もちろんスピリチュアルなパワーを与えてくれる存在でもあります。

そんな大切な太陽の光を浴びることは、肉体の健康だけでなく心の健康にもとても大切。

まだ紫外線のあまり強くない朝日を浴びるのはお勧めです。

瞑想する

スピリチュアルなエネルギーを受け取るのに一番いいのは瞑想です。頭の中をできるだけクリアに心を静かに落ち着けるとスピリチュアルものを受け取りやすくなります。

瞑想と言っても難しく考えることはありません。楽な姿勢で心を落ち着かせる環境に身をおきましょう。ぼーっとして何も考えない。よけいなことを考えない時間を作るのも大切です。

旬の食べ物を食べる

食べることはただの栄養補給ではありません。旬の食材は大自然のエネルギーをいっぱいに取り込んで成長したものです。その一杯にためこんだエネルギーをもらって自分の体の一部にしたり生きる力にするのが「食べる」という行いです。昔の人はよく知っていましたから旬の食べ物を大切にしました。

だからできるだけ旬の食材を食べるようにしましょう。

6月や初夏に旬を迎える食材には、キュウリ、オクラ、ナス、エンドウ豆、トマト、梅、サクランボ、アジ、イワシ、鮎(アユ)などがあります。

できるものから取り入れてくださいね。

あなたの希望を整理する

夏至から夏のエネルギーのピークになる立秋(スピリチュアル業界ではライオンズゲートといいます)にむけて、スピリチュアルなエネルギーも高まっています。そんな機運にうまく乗ってあなたのやる気をアップ、望む未来を手に入れられるようにしたいですね。そのためにも、

あなたが何をしたいのか?
何をもとめているのか?
本当はどうなりなりたいのか?

自分の心と向き合う機会をつくってみましょう。こうなりたいと思う願望を見つけておきましょう。

パワースポットに行ってみる

スピリチュアルなエネルギーが高まる時期ですから。この機会にパワースポットに行くのもお勧めです。お気に入りの神社仏閣があればそこでもいいですし、あなただけの落ち着ける場所や雰囲気のいいと思える場所があればそこでもいいです。有名な神社仏閣でなくても神様はどこにでもいて見ています。

そこでリラックス。今までまとめたあなたの願望を実現させるために「こうなります」と宣言してみましょう。そんなあなたの真摯な心が伝われば神様もそっと後押ししてくれるでしょう。

ポジティブなことを考える

夏至の前後の期間はポジティブな心、前向きな心、向上心、探究心が高まりやすいそんな意味のある期間です。

「やればできる」
「私はできる」

あなたの心の中で何度も何度も叫んでみてください。少しずつ潜在意識のブロックが外れるかもしれません。ネガティブな心をもったままだと、これまで紹介したことも全て無駄になってしまいます。

だからポジティブな心を持つことがとても大切なのです。

感謝する

そしてこれが一番重要なこと。それは「感謝」することです。

何に感謝するのでしょうか?

それは今、あなたが生きていることに感謝します。普通に生きているってそれだけでも凄いことなんです。世の中にはあなたの思っている普通ができない人がたくさんいます。

あなたは一人だけで生きているんじゃない。様々な人や生き物、目に見えないものものも含めて。世界の一部として存在しています。もちろん夏至の日だけ感謝するのではありません。

でもスピリチュアルなイベントの日は意識しやすいので心がけるようにしましょう。

今生きていることに感謝してできれば他の人もよくなるように。願うことができればあなたは開運できるでしょう。

それではあなたも夏至の期間に開運してくださいね。

 

2024年版はこちら

あわせて読みたい
夏至2024のスピリチュアルな陰陽エネルギー逆転で開運の大チャンス! こんにちは。たかふみ@開運日和 です。 今回もあなたの暮らしに役立つスピリチュアルな話題をお届けします。 夏至は一年で一番太陽の出ている時間が長い日ですよね。つ...

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次