MENU

2022年12月14~15日 ふたご座流星群のスピリチュアルな意味

流星群

2022年12月14日 はふたご座流星群(流星雨)がピークになる日です。

ふたご座流星群は三大流星群とも呼ばれ、現在観測できる流星群の中では最大規模の流星群です。

一晩の間に何個も流星が見られるとても神秘的な現象です。

昔から世界各地で流れ星に願いをかけると適うとか様々な伝説言い伝えがあります。それだけ人々の注目を集めている現象です。

もちろん、人々は流星に神秘的な何かを嗅ぎ取ったからそのような願いをかけているのです。

そこでこの記事では流星群に込められたスピリチュアルな意味を紹介します。

今回はふたご座流星群ということで、ふたご座の意味も合わせて紹介します。

 

目次

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群は現在日本で見られる流星群でもとくに有名な流星群のひとつ。しぶんぎ座流星群(1月4日ごろ)、ペルセウス座流星群(8月13日ごろ)とともに三大流星群のひとつとされています。

ふたご座流星群はわかりやすい(見えやすい)流星群なのでアマチュア天体ファンの間でも人気があります。

いつどこで見えるの?

ふたご座流星群のピークは12月14日の夜。

12月14日の太陽が沈んでから12月15日の夜が明けるまでが最も見える期間です。

12月14日の午後11時から12月15日午前1時ごろの夜空はだいたいこんなかんじ。ふたご座のカストルのあたりを中心に四方に広がるように流星が見られます。

ふたご座

実際にはその前後の期間も見えています。12月4日から12月17日ごろまでは流星が見られるようです。最もたくさん流星が見られる日が12月14日です。

東から南の空に輝く双子座を中心に四方に流星が流れます。環境の良いところなら1時間に数十個見られますが。街の明かりが強い都市部や月の明かりが強い時間帯は見える数はもっと減ります。星が見える感覚はバラバラ。1分の間に何個も見えることもあれば、20分近く見えないこともあります。

このページの最初に載せた画像のように星がシャワーになって見えるわけではありません。あくまでもイメージです。根気強く観察することが必要です。

でもあなたの目に見えなくても。流星雨の現象が起きているのは確かですし。肉眼で見えないものも含めればかなりの数の流星が出現しています。

それに現代見られる流星群では最大規模です。特別な天体現象なのは間違いありません。

でも夜はとても寒いので。寒さ対策は十分にしてくださいね。

なぜ流星ができるの?

太陽系には小さなチリや岩・氷の欠片がたくさん浮いています。それらは星になりそこねた星の欠片です。たくさんの星の欠片が集まって雲のようになっていることもあります。その星のかけらの集まりに地球が突っ込むと、地球の引力に引っ張られて落ちてきます。それが流星群です。

ふたご座流星群は地上から見てふたご座の方向から流れているように見えるので。そのように呼ばれます。

流れ星のスピリチュアルな意味

流れ星は世界各地で願いが叶う前兆と考えられてきました。

神様があなたを見ている

それもただ願いが叶うだけではありません。いつもなら手が出ないようなものが手に入る。いつもより高い成果が得られる。そんな意味があります。

古代ギリシャでは流星は天上界になる神々の世界から星がこぼれ落ちていると考えられました。神様が地上に興味をもって除いているから、そこから星がこぼれ落ちているのです。流星群はいつもよりたくさんの流星が見られますから。神様もいつもよりも興味をもって私達のことを見ているのかもしれません。

星そのものに願いを叶える力があるのではありません。何かが私達を見守っているという合図なのです。だからそのときに願いをすると届きやすくなる。というわけです。

誰かのメッセージ

また神様や亡くなった人。霊的な存在からのメッセージ。とも信じられてきました。誰かがあなたに何かを気づかせようとしているのかも知れません。

古代エジプトや日本では亡くなった人からのメッセージと考えられました。世界各地で死者と結び付けられることは多いです。でも悲しいイメージではなく。生きている人に故人から前向きなメッセージを伝えようとしている。と言われることも多いです。

何かが動き出す予兆

流れ星をみることは物事が動き出す予兆かもしれません。なにかの変化があるのかも知れません。

立ち止まらずに行動を起こしたほうがいい。今の貴方には積極性が必要。と伝えているのかも知れません。

あるいは心配したり、悩んだり、モヤモヤする心を抱え込むのをのをやめるべき。気持ちを切り替えるときなのかも知れません。

もしあなたが何かに迷っていたり、決断を先延ばしにしているのなら。今が決断のときなのかも知れません。

ふたご座の意味

ふたご座

 

ふたご座流星群はふたご座を中心に星が流れます。今回の流星群はスピリチュアル的にはふたご座の影響を受けています。

スピリチュアル的にはふたご座はどのような意味があるのでしょうか?

ふたご座は「風」「柔軟宮」「男性宮」の星座。

ふたご座のキーワードはコミュニケーション、知性、好奇心、自由。

これらの要素が良い方向に出ると、好奇心が旺盛で、知ることに貪欲。文章力、話術などコミュニケーションに優れ。自由を好み、適応力があるなど。

その一方で悪い方向に出ると。まわりに流されやすく、優柔不断、周りの声を聞きすぎる、気にしすぎるために疲れやすい。ということにもなります。

もし流れ星に願いをかけるなら。コミュニケーション力、知性、流行を捉える敏感さ、自由な発想など。良い方向に伸ばすような願いにするといいかもしれません。

ここに紹介したのは一例ですので。もちろんそれ以外でもかまいません。

星に願いをかける意味

流星は良い兆しと言われていますが。星が流れるのは一瞬です。が流れ星が燃え尽きる時間は1秒あるかないか。ごく稀に数秒輝き続けるのもありますけど。ほどんどの流れ星が一瞬で燃え尽きます。その間に3回願いをとなえるといい。と言われますが。ほとんど不可能なことだからそれができれば縁起がいい。と言われました。

もしかすると流れ星に願いをかけようとして「何をお願いしていいのかわからない」「いっぱいありすぎてどれをお願いしていいかわからない」と思うかもしれません。

流星群は出現する時間があるていどは決まっています。普通の流れ星に比べると見つけやすいでし、前もって何をお願いするか決めることもできます。

3回となえることそのものには大した意味はありませんが。そのくらいはっきりとした目的を持っている。そのくらい熱心に潜在意識にインプットできる。というのは大切なことです。

もしかすると。あなたの願いを叶える「なにか」は星空ではなくあなたの中にいるのかもしれません。宇宙と人の内面は繋がっているのかもしれません。

私はこうなりたい。というはっきりしたイメージをもって、それを強く念じればあなたの中から変わっていくきっかけになるかもしれません。

あなたはいったい何がしたいのでしょうか?
どんな自分になりたいのでしょうか?
無理だと勝手に決めつけていませんか?

何がしたいかが分かれば。
自分の可能性を信じることができれば。

それに向かって努力しようと思う気持ちも出てきます。

流れ星はその機会を与えてくれるのかも知れません。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次