MENU

ハロウィン(10月31日)のスピリチュアルな意味

夜ケルト

現代の日本ではアメリカの影響で仮装パーティーの代名詞になっているハロウィン。

ハロウィンは様々な伝説や信仰が集まってできた複雑な行事です。ハロウィンのもとになった行事にはかなりスピリチュアル的なものも含まれています。

10月31日には異界の入り口が開き、霊や異界の者がこの世にやってくる。スピリチュアルな存在と交流しやすくなるというのです。

今回はお祭り騒ぎのハロウィンとは違う。スピリチュアルな部分に注目して紹介したいと思います。

目次

ハロウィンの本来の意味

ハロウィーン(Halloween) とは11月1日キリスト教の万聖節の前日10月31日のこと。

万聖節「All Saints Day または All Hallow’s Mass」とはキリスト教(特にカトリック)ですべての聖人を祀る日です。saintsは英語で「聖なるもの」の意味。「聖なるもの」は古いアングロサクソン語では「hallow」といいます。

万聖節の前夜祭(10月31日)をHallow Evenとよんだのが訛ってHalloweenになりました。

 

ハロウィンのスピリチュアルな意味

スピリチュアルなものと繋がりやすくなる時期

ところがキリスト教より古い時代に栄えたケルトの習慣では、11月1日から冬が始まり、1年の始まりとされました。10月31日は秋の終わりで1年の終わり(大晦日)でもあるのです。

ケルトでは1年の終わりの夜には土がゆるみ、死者の国への入り口が開き、死者がこの世に戻ってくると言われました。

つまり、日本でいうと「あの世からご先祖様が帰ってくるお盆」と同じようなものだったのです。

祖先崇拝を禁止しているキリスト教が普及すると消えてしまいますが。お盆に似た習慣は古代ヨーロッパにもあってローマ帝国時代にはすでにありました。アイルランドやイギリス、西ヨーロッパのケルトにもお盆のような文化がありました。そんなケルトの習慣をサムハイン(Samhain)いいます。

古代人は死者の国と表現しましたが。霊的なもの、超自然的なものといえるでしょう。

自然界は常に動いています。地球が太陽から受けるエネルギーは季節とともに変化しますし、地球も動いています。自然界をとりまくエネルギーは常に一定ではありません。強くなったり弱くなったり変化しています。

その変化の中でスピリチュアルなパワーが強くなる時期、スピリチュアルなものと繋がりやすくなると考えられる日が何度がおとずれます。

ハロウィンもそのひとつ。10月31日は異界の扉が開く日。現代人の感覚でいうとスピリチュアルな世界と繋がりやすくなる日なのです。

スピリチュアルなものとつながると言っても。特別なことをする必要はありません。逆に素人は下手なことはしないほうがいいです。

ハロウィンで仮装するのも、本来は悪さをする悪霊から身を守るためですから。ご先祖様のような良い霊だけでなく悪い霊もやってくる。というのがケルトのサムハインの考え方なのです。

したがっておすすめできるのは、瞑想をしたり、神社仏閣にお参りに行ったり、パワースポットに行ったりといったスピリチュアルなものに興味のある人が普通に行っていることになります。

いつもより神様に繋がりやすくなる、いつもよりパワースポットの力が得られやすくなる。そんな気持ちでいいと思います。

再生の日

10月31日はケルトでは1年の終わり、収穫の時期の終わり。そして新しい1年の始まりとともに、冬の始まります。

ひとつのサイクルが終わり、新しいサイクルが始まる。

大袈裟な表現になるかもしれませんが「死と再生」の日です。

なにかのサイクルが終わり。それを祝ったり、まとめをしたり、反省をしたり。そして次のサイクルへ向けての休息をおこなうのもいいでしょう。次に行いたいことの準備にとりかかるのもいいかもしれません。

自分と向き合い内面性を高める時期

冬になると木々は葉を落とし、動物たちは冬眠に入ります。太陽が出ている時間は短くなり、これから本格的な寒さが訪れます。

ケルトでは11月1日は冬の始まり。

日本人には11月から冬と言われてもピンと来ないかもしれません。アイルランドやイギリスは日本よりも寒いです。日本よりも冬の訪れが早いです。何しろアイルランドやイギリスは北海道よりも北にあるのです。とはいえ暖流が近くまで来ているのでロンドンの平均気温は札幌よりも高いです。とはいっても東京や大阪など日本の大半の地域よりは寒いです。

でも日本でも秋の収穫が終わり木々が色づきはじめ、冬が近づいているな。と感じることが増えてきます。季節の変化が感じられる時期です。

自然界では様々なものの活動が収まり、休息と次のサイクルへの準備が始まる季節です。

このような時期はスピリチュアル的には心の内側を見つめる時期潜在意識に問いかける時期と考えます。

直感的に何かを感じる力、インスピレーションを磨くにも良い時期です。だから芸術の秋、読書の秋という言葉もありますね。

体を動かすのもいいですが、芸術や文学、音楽に触れてあなたの感性を磨いたり、内面性を高めるのも良い時期ですね。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次