5)日本の習慣と行事

スポンサーリンク
5)日本の習慣と行事

彦星と織姫の物語

七夕といえば彦星と織姫の伝説が有名です。 もともと古代日本には彦星と織姫の伝説はありませんでした。 彦星と織姫の伝説は古代中国から伝わった伝説だからです。では織姫と彦星の伝説はどのようなものかご存知ですか? 彦星と織姫の物語を紹介し...
5)日本の習慣と行事

水無月を6月30日に食べる意味と由来

6月30日は夏越の大祓(なごしのおおはらえ)です。大祓とは半年間の間に溜まった罪や穢を祓うための行事です。古代から続く日本人の習慣です。 京都では6月30日の夏越の祓えの日には水無月(みなづき)という和菓子を食べます。 和菓子の水無月と...
5)日本の習慣と行事

煩悩はなぜ108もあるの?なぜ除夜の鐘は108つなの?

大晦日の夜になると、除夜の鐘を108回つきますね。 煩悩はなぜ108個なんでしょうか? なぜ大晦日に鐘をつくのでしょうか? 煩悩の定義は古代インドで書かれた仏教のお経に書いてあります。 煩悩と除夜の鐘の不思について簡単に紹介します。...
5)日本の習慣と行事

初詣の意味・いつまでに行けばいいの?

正月になると大勢の人が初詣に行きますよね。でも不思議に思いませんか?特に宗教を信じているわけでもないのになぜ初詣に行くのでしょうか? 今や日本国民の年中有行事になってる初詣。 初詣の不思議について紹介します。 意外と新しい初詣の習慣 ...
5)日本の習慣と行事

京都五山の送り火の由来と意味

お盆に日本各地で行われる送り火。 その中でも一番有名なのが京都五山の送り火です。 お盆の行事として定着しています。 お盆の行事は日本に古くからある「盆」の行事がもとになってます。 旧暦7月15日はお盆の日。その前後に祖先の...
5)日本の習慣と行事

お盆とお中元のはじまり

「盆と正月が一度に来たようだ」ということわざがあるように、盆と正月は対になるものとして考えられてきました。 大昔には一年を半分に分けて考える風習がありました。漢の時代の歴史書には「倭人(古代の日本人)は年の数え方を知らない、春と秋を数...
5)日本の習慣と行事

七夕の内容と起源・どうして「たなばた」というの?

7月7日は七夕の日です。 でも七夕と書いてどうして「タナバタ」と読むのでしょうか? 七夕はいつ始まったのか?お盆との関係など。七夕についての不思議を紹介します。 七夕を「たなばた」と読む理由 七夕を”たなばた”と読むのは日本...
5)日本の習慣と行事

厄年は何歳?どうして危ないのでしょうか?

厄年とは、その人の人生の中でもとくに災難が起こりやすい歳といわれています。 男性は42歳、女性は33歳が特に危ない歳だといわれています。 科学的な根拠はなく迷信といわれますが、それでも気になる人はいるのではないでしょうか? 厄年とはど...
スポンサーリンク