田村神社・井戸が御神体?龍神伝説の残る讃岐国一宮

      2016/12/06

本殿

讃岐国の一宮は田村神社。香川県高松市にある神社です。

田村神社に行ってきました。高速道路・高松自動車道の高松西インターチェンジを降りて県道12号線を西に4kmほど直進すると田村神社です。駐車場があるので車はそちらに止めました。駐車場から行くと本殿の裏側から北参道を通って入ることになります。

前回は北参道を紹介しました。今回は表参道から紹介します。

 

田村神社

田村神社表参道入り口

表参道は細い道に面してますが、高松琴平電鉄の一宮駅に近いです。表参道の鳥居まで駅から600mくらいです。

表参道を入ってみましょう。石造りの鳥居が見えます。

田村神社表参道

参道を歩くと手水舎があります。ここでお清めをします。

手水舎

 

参道の横には力石がありました。江戸時代の人々が力比べをするために担いだ石のようです。

力石

一番右の石は33貫と掘ってありました。約124kgもある計算になります。

力石の近くには鳥居が。歳徳神の額がかかっています。

納札所

こちらは納札所なんですね。こういうところにまで鳥居があるとは驚きました。

いよいよ本殿です。

本殿

石造りの新しい鳥居の奥には本殿があります。

和銅二年(709)創建されたといわれる古い神社です。現在の本殿は明治10年に再建されたもの。

一宮だけあって風格のある社伝です。

田村神社本殿

ご祭神は田村大神。倭迹迹日百襲姫命、五十狭芹彦命 (吉備津彦命)、猿田彦大神、天隠山命 (高倉下命)、天五田根命 (天村雲命)の総称だそうです。

倭迹迹日百襲姫命(やまと ととひ ももそひめのみこと)。第七代孝霊天皇の皇女。弟の五十狭芹彦命とともに讃岐国に来て農業や殖産を広めたとされています。

本殿の裏には奥殿があります。奥殿の中には深淵があって御神体になってます。この深淵には龍が住むという伝説があるんですよ。そのためか、田村神社には龍をモチーフにした像が多くあります。

龍の像

神社の西には香東川が流れます。香東川の伏流水が神社の地下に流れているといわれます。かつて境内には3つの井戸があったそうです。現在は2つが残っています。そのうちのひとつが御神体になってる深淵です。人々は川や湧き水を農業や生活に使ったということです。香川県は昔から水不足に悩んできました。古代の人々は貴重な水を与えてくださる竜神がいると信じていたのでしょうね。

残る井戸は、袂井(たもとい)と花泉(はなのい)。袂井は境内の東にあります。境内の西には花泉がありますが、現在は枯れているそうです。

 

 

 

 

田村神社のアクセス

 

電車
高松琴平電鉄 琴平線 一宮駅下車 徒歩約10分


高松自動車道・高松西インターチェンジより車で約10分。
高松自動車道・高松中央インターチェンジより車で約15分。

Official Website 田村神社

住所 香川県高松市一宮町286

香川県高松市一宮町286

 

 - 4 四国