御札(御神札)の交換はいつどのようにすればいいのでしょうか

   

神棚

神棚

神棚には神社でいただいた御札をお祀りします。

でも御札は永遠に使えるわけではありません。
適切な表現でないかもしれませんが、あえてわかりやすく書けば御札には賞味期限があるのです。

では、御札はいつ交換して、どのように交換すればいいのでしょうか。

御札の交換の時期、方法について紹介します。

 

御札はどうして交換するの?

御札は神様の魂を分けていただいたもの。でも永遠ではありません。月日がたてば効力は落ちます。

そこで古くなった御札をお返しして、新しい御札をいただいたほうがよいのです。

神様のパワーが衰えるというのは日本の神様独特の考え方です。

伊勢神宮では式年遷宮をしていますよね。あれは年月ともに神様の力も弱まるので、社を建て替えることで再び神様のパワーを復活させようというものです。

生まれ変わることで常に若々しい力を保つというのが、古くからある考え方です。

他の神社では様々な都合で定期的に建て替えるというのはあまりしません(重文や国宝に指定されると建て替えが出来ません。できるのは改修のみ)。でも、傷んだところを直せば神様の力も強くなるという考え方は引き継がれています。

あなたの家庭にある神棚も同じです。

御札は神様そのものではなく、神様の魂を分けていただいたもの。だから神様の力も長続きしません。その目安は1年といわれています。きっちり365日でゼロになる。というわけではありませんが、キリがいいというのもあって1年で替えるのが一般的です。

 

御札はいつ変えればいいの?

御札

では、御札はいつ交換すればいいのでしょうか?

よくいわれるのは、

年末に新しい御札をいただいて。
新年になると古い御札をお返しするというもの。

です。

年末に古い御札をお返しして。
新年に新しい御札をいただく。

のではありません。

新年を迎えるときに御札を新しくしておくのです。

年末に大掃除してしめなわを飾るのと同じです。
新しくきれいにして新年を迎えるのですね。

年末に行っても、新しい御札は置いてあるの?と思うかもしれませんが。
毎年年末には伊勢神宮から全国の神社に神宮大麻が配られます。

京都のある神社でお聞きしたところ、12月になれば新しい御札が届くということです。

だから大晦日の忙しいときにいかなくても、12月に入って都合の良い日に神社に行けばいいのではないでしょうか。

とくに神宮大麻は伊勢神宮から配られる分しかありません。神社によっては10月や11月に行っても神宮大麻がおいてないこともあります。12月に入ってからの方がいいと思います。

 

御札をお返しするときのマナー

 

ぞんざいに扱わない

古くなったとはいえ、古い御札はゴミではありません。ぞんざいな扱いはよくありません。カバンに無造作に突っ込んでというのは、よくありませんね。

風呂敷に包んで持っていきましょう。とか、
和紙に包んで持っていきましょう。

といわれることもあります。確かに神経質な人はそのように扱っています。

でも日本の神様だから和風なものに入れなければいけない、というわけではありません。風呂敷でなくても、袋に入れて大切にして持っていけばいいと思います。大きめの封筒でもいいですし、ビニール、合成線維、合成皮革の袋でもかまいません。

そもそも現代の風呂敷だって、よほど高級なものでないかぎりはポリエステル線維だったりします。スーパーや量販店、通販で売ってる風呂敷の多くは合成繊維です。

例えば、この楽天で売ってる人気の風呂敷は素材はレーヨンです。ポリエステルよりは高級ですが合成繊維です。でもそれでもいいのです。

 

形や素材は問題ではありません。

「丁寧にあつかう」という気持ちが大切なのですね。

丁寧に扱う方法は人によって違いますので。あなたなりの誠意の見せ方で御札を持っていくといいですね。必ずしも作法が決まってるわけではないのです。

 

返納の仕方

古札返納所

 

一般的には年が明けてから御札をお返しします。
神社に行くと、古札返納所があります。古いお守りをお返しする場所ですね。そちらにお返しします。古札返納所神社の一画に返納所を儲けているところが多いですが、授与所の窓口で受け付けているところもあります。

お返しするときは、一年の感謝の気持ちを忘れないようにしてくださいね。手を合わせて一年の感謝の気持ちを伝えましょう。

 

もとの神社にお返ししなくてもいい。

神棚には一つの御札だけでなく、二つや三つの御札をお祀りしている家庭もあると思います。我が家では三つの御札を置いています。

すると御札をいただいた神社は二箇所以上ということになります。

遠方の神社に行ったときに授かった御札もあると思います。

でも、御札を返すときはもとの神社に返さなくてもいいのです。一箇所にまとめて近くの神社にお返ししてもいいのです。

さすがに、お寺の御札は受けて付けてくれない神社はあります。そのときは神社とお寺の御札は分けたほうがいいですね。

 

作法にこだわるよりも気持ちを大切に

 

御札のお返しについていろいろ書きました。確かに作法があります。でも、あまり作法にこだわる必要もありません。もともと、神職の方はともかく、一般人向けの神道の作法はあまり厳しいものではありません。

神道自体がかなり「ゆるい」信仰だからです。仏教やキリスト教のように細かいきっちりとした教えや作法があるわけではありません。

初詣にしても、庶民が初詣をするようになったのは明治からです。

それまでは貴族や家・地域の代表が年始に歳神様をお迎えに神社に行くことはあっても、庶民の多くが年始に神社仏閣に行くなんてことはあまりありませんでした。明治以降に広まった新しい習慣なので、そんなに気にする必要もないと思うのです。

初詣も「ひとつの区切り」くらいに考えればいいと思います。

と、ここまで書いておいて言うのも変ですが。

僕の場合は神社で御札をいただいた月を基準にしてだいたい一年で御札を替えるようにしています。だから年末に御札を返すことはあまりしません。行きたいと思った時に神社に行って御札をいただいてくるのです。

でも、なんの問題もありません。毎日、神棚に手を合わせて感謝していればそれで神様も分かってくださるのだと思います。

しきたりも大切ですが、丁寧にお祀りするという気持ちも大切にしてくださいね。

 

 

関連する話題

自宅で開運 神棚の置き方・祀り方

神棚にお祀りするお札を新しくしました

 

 - ご利益を授かる方法