財布やくじを買うなら開運日・どの日が最強?開運日の意味を解説

      2016/11/25

開運金運

くじを買ったり、財布を買ったり使い始めるのにピッタリな開運日があります。風水や易経ではさまざまな開運日があります。

何かを始めるのにいい日。堅実に回収したい、大きく増やしたい。運気をためたい。開運日と言っても少しずつ意味が違うんですよ。でも、どんな意味を持ってるのかなかなかわかりづらいですよね。

そこで開運日をまとめて解説してみました。開運日がわかるカレンダーも載せましたので活用してくださいね。

 

 

開運日の説明

日本では古来より縁起のいいとされる日がいくつか伝えられています。ひとくちに縁起がいいといっても、それぞれに特徴が違います。

 

大安(たいあん)

何事も吉になる日。何かを手に入れたり、始めるのにいいとされています。ひっこし、結婚、開店、旅立ちの日にも良いとされています。

 

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒のモミが万倍の米になるという意味。使ったお金が何倍も増えるといわれ、縁起のいい日だとれています。くじを買ったり、財布を買ったり、投資をするのにピッタリの日です。

 

寅の日(とらのひ)

黄色のシマは金運の象徴。古代より中国では虎は財運の象徴とされていました。虎はとても足が速くて、一瞬で千里を走り、戻ってくると信じられていました。この日にお金を使って財布やくじを買ったりすると使ったお金が戻ってくるといいます。

 

巳の日(みのひ)

白蛇(巳)は財運の神様・弁財天のお使いです。白蛇にお願いごとをすると弁財天に願いを届けてくれるとされる日。さらに、巳の日の中でもさらに運気が強い己巳の日というのもあります。

 

己巳の日(つちとみのひ)

巳の日の中でも、何回かに一度おとずれる弁財天の縁日。巳の日でも最もパワーが強い日といわれます。金運に最も効果があるとされています。

 

天赦日(てんしゃび)

神様が天に昇って相談を行って、天が人々の罪を許す(赦す)日。いくつもある吉日の中でも最も縁起のいい日。一年で5~6回しかおとずれない貴重な日です。財布を使い始めるのにもいい日とされています。

 

新月(しんげつ)

ものごとの始まりを意味する日。風水では新月の日に何かを始めたり、新しい物を使い始めるのがよいとされています。目標を立てるにも最適の日だとされています。

 

満月(まんげつ)

月のパワーが満ちている日。風水では満月の日には月のパワーが一番強くなるため、月の光を浴びると運気が上がるとされています。開運財布を月の光りに当てると財布の運気が上がるといわれています。

では、開運日はいつになるのでしょうか?今月と来月の開運日をカレンダーにしたので良い日を見つけてくださいね。

 

開運日カレンダー

 

 

結局どの日にしたらいい?

 

くじを買ったり、投資をしたり、財布を買ったりするのは。小さな元手が大きく増える一粒万倍日がピッタリですね。

お金全般の運勢をあげるなら、巳の日。できれば己巳の日が最強です。

財布を使い始めたり、何かを始めるなら大安、新月、天赦日がいいですね。

運気全般をあげるなら満月。

あなたの都合に合わせてちょうどいい開運日を見つけて活用してくださいね。

 

 

 - 金運財布